既卒の就職に必要なこと、既卒に強い求人サイトやエージェントを知ってもらい就職を成功させる

既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU

既卒にあった就活の方法

やりたい仕事に就職できない場合の考え方と具体的な対処法

投稿日:

やりたい仕事に就職できない…時間ばかり無駄に使って焦ってしまう。

とりあえずの会社で就職した方がいいのかな?

やりたい仕事に就職できない場合、どのように考え、対処法を模索していけばよいのでしょうか。

多くの人は理想の仕事に就けているわけではありません。

また、理想の仕事に就いたからといって、その内容についても理想の通りだったということも少ないのです。

それでもより良い社会を共に構築していくため、何らかの仕事に就いて、働いています。

ここでは、「やりたい仕事に就職できない」と考えるあなたが、どのように考えて仕事を探す行動をしていくのが良いのかについて言及してみたいと思います。

 

やりたい仕事に就職できない場合の考え方

自分のやりたい仕事に就職できない場合、その現象をどのように理解すれば良いでしょうか。

全ての人が自分の希望通りの仕事に就くことが出来、かつ満足度が高い社会が実現することは人間社会にとっての理想の状況であると言えます。

しかし、仕事の多くは需要と供給のバランスによって成り立っているので、全ての人が思い通り理想の仕事に就ける状況にはなかなか成り得ません。

従って多くの人は、自分の理想の仕事について想像していた通りの内容で仕事が出来ず、他の人が欲するがやり手がいないという仕事を少なからず引き受けなければなりません。

そもそも理想の仕事に就けたという人の割合は、3人に1人との統計もあります。

理想の仕事に運よく就けたとしても想像していたのと同じ在り方で仕事が出来ている人の割合はさらに低くなります。

少し古いデータで申し訳ないのですが、愛知学院大学流通科学研究所の出した就職意識調査でも、「全くそう思う」と「ややそう思う」をたした合計で見ると、自分が希望する仕事に就いたとしても、約8割の人が【やりたい仕事が今の会社では叶えられないと気付いたとき】という理由で転職しています。

転職した理由

出典:愛知学院大学流通科学研究所

従って多くの人は妥協して仕事を続けているのです。

「やりたい仕事が見つかる方法」が書いてあるのかな!?と期待した人は申し訳ないです。ですが、これが現実なのです。

やりたい仕事に就くことは多くの人にとって困難な事であるということを理解するのが初めの一歩では無いかと考えられます。

考え方・捉え方を変えるという方法です。

 

じゃあどうすれば?やりたい仕事に就職できない場合の具体的な対処法

それではどのようにして、やりたい仕事に就くことができない場合に対処していけば良いのでしょうか。

一つの選択肢はそのまま理想を追い続けてやりたい仕事・理想の仕事に就けるまで活動を続けるというものです。

この選択肢を採って将来は理想の仕事に就ければよいのですが、日本の就業構造は若手に有利で年を取ればとるほど不利になる傾向があります。

理想の仕事、やりたいことが出来る仕事に就くことにこだわったが故にさらに自身の市場価値が下がり、益々そのような仕事に就ける可能性が遠のいていくといったことが考えられます。

もう一つの選択肢・探し方はやりたいことが出来る仕事に就く可能性を残しつつ、自分の出来ること得意なことを活かしながら、出来る仕事に就くことが出来ないか模索するというものです。

「今でしょ」で有名な林修先生も本当は数学の教員になりたかったが、自分より優秀な人が多すぎて諦め、国語の教員になったと述べています。結果、どこからも引っ張りだこの教員へとなるに至りました。

 

自分が得意なことや理想がわからない場合は就活エージェントに客観的に判断してもらう

自分の理想や、自分が出来る得意なことを活かせる仕事を模索すると上記で言いましたが、それらが自分でわからないという人もいますよね。

自分が思っていても、他人から見たら全然違うという場合も多々あります。

そこでおすすめなのが、就活エージェントに客観的に自分を分析してもらう方法です。

就活エージェントとは、あなたの仕事探しを客観的にサポートしてくれる専門のコンサルタントのことです。

エージェントは日々、就活に悩む人たちと求人企業との架け橋をしており、プロの目線で客観的なアドバイスをもらうことが出来ます。

また、就活の難関である、履歴書など書類審査や面接などの攻略法もマンツーマンで丁寧に教えてくれます。

うれしいことに就活エージェントへの相談や就活支援は無料です。

 

そこまで丁寧に教えてくれるのに、無料なの?

無理やり変な会社に就職させられたりしないの?

 

エージェントも、すぐにやめるような人材を企業に送り込むとマイナス評価につながりますので、結果的に親身になって良い仕事を紹介してくれるのです。

下記の記事で、【既卒に特化した就活支援サービス】を厳選して紹介しています。

既卒に特化した就活サイト・エージェントおすすめランキング

「初めての就活でどうしていいかわからない」 「自分に合った仕事がわからない」 「社会人経験なし」 「公務員を断念したが民間企業への就活がうまくいくか不安」 「面談で既卒の理由を尋ねられると何と答えてい ...

続きを見る

-既卒にあった就活の方法

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.