薬剤師の転職ノウハウ

薬樹への転職~評判と退職理由など見極めポイント16~

更新日:

転職をする場合、現在の職場では満たされない、自分自身が最優先に考慮するポイントを抑えなければなりません。

あなたが「薬樹薬局」への転職を考えているのであれば、「薬樹の評判」「薬樹の給料」や「薬樹の福利厚生」、そして「薬樹の退職理由」を参考に、同業他社と比べながら納得する選択をしてください。

特に、「退職理由」を知ることで、あなたの望む環境であるかどうかを見極めやすくなります。

 

薬樹の評判

薬樹 評判

 

インターネット上で見られる「薬樹」についての評判としては、次のようなものが目立ちます。

 

勤務時間や残業について

残業時間は部署や店舗により変わってくるようですが、やはり月によってもばらつきがあるとのことです。

 

教育体制

中途採用で入社した場合でも、新薬の勉強会や講義、マンツーマンでの指導など、社員教育体制もしっかりしている環境です。

 

有給休暇

有給休暇は比較的とりやすい環境のようです。スキルアップ(資格試験の勉強)のための時間をとりたいなどの理由でも、業務の調整なども比較的取りやすいようです。

また、有給休暇にかんしては、積極的に有給を促進しているということで、一般的な企業感覚よりも、休みやすいのではないでしょうか。

 

仕事のやりがい

とてもスキルアップなど、成長を期待できる社風のようですが、会社としての評価制度が整っていないため、社内でのキャリアアップは難しいという意見もあります。

また、店舗によっても多少違いがあるようですが、意見や提案がしやすい環境が整っています。

ただし、店舗ですと、本社からの視察が来るという事で、細かな指摘があるとのことです。この点に関しては、多少やりずらさを感じている人もいるようですね。

総合的にみると、自身のスキルアップにとっては環境が整っているようですが、社内でのキャリアアップという意味では、期待はできないという印象ですね。

 

薬樹の福利厚生

それでは、「薬樹」の福利厚生はどのようになっているのでしょうか。

 

残業代

1分単位での残業代が出るとのこと。また、残業は比較的少ないとのことです。

 

有給休暇

やはり、福利厚生面でも「有給休暇」が取得しやすいことが挙げられています。また、急な欠勤でもフォロー体制が整っており、安心できるという意見もあります。ただし、その場合は、別な日に出金をして、穴を埋めるといった自身のフォローをすることで、印象も変わってくるとのことです。

 

産休や育休について

女性社員も多く働いているので、産休や生理休業は取りやすい体制になっています。

産休や育休の復帰後も、短時間からの勤務を希望できるなど、フォロー体制はしっかりしている印象です。

 

スキルアップ

専門知識や資格取得、新薬の勉強会も実施されているので、自身のスキルを向上させたい人には魅力的な環境だと言えるのではないでしょうか。

 

その他

社宅制度や財形貯蓄、またJTBベネフィットやマジックキングダムなども利用できます。

 

 

薬樹の退職理由

最後に、「薬樹」を退職した人の理由も参考に、職場の雰囲気をつかんでみましょう。

 

男性社員が少ない

男性社員が少ないことから、女性が優遇される環境にあるようです。

 

職種によっては厳しい

薬剤師の場合は研修や人事制度もあり、働きやすいのですが、事務職など薬剤師以外のポジションの人には職種差別が厳しいとの意見もあります。

 

給与が安い

店舗によって労働時間が違うということもあり、作業が遅い店舗だと勤務時間と給与が見合わず、退職に至ったというケースもあります。

また、新卒入社と中途入社での給与差が大きく、昇給およびボーナスも少ないという、やはり収入面での退職理由も目立ちます。

全体的に退職理由を見てみると、「給与が安い」という理由が目立ちますね。

スキルアップをするための環境は整っているので、自身の経験とスキルアップをした上で、転職をしたという人が多い印象です。

ただ、人によって安い普通と感覚が違うので、一概には言えません。

 

 

転職先として「薬樹」を選ぶ決め手

薬剤師としての知識や経験を増やし、スキルアップを目指すには、研修やセミナーにも積極的な「薬樹」は最適な会社ではないでしょうか。

自身のスキルアップには申し分のない環境ではありますが、やはり給与面では不満も多く、他社への転職を考える薬剤師も多いのが現状です。

極端な選択をするならば「スキルアップ」を選ぶか「給与」を優先するか、ということになると思います。

 

転職エージェントにお願いすれば年収や待遇の交渉も可能

転職するとなると職務経歴書や面談対策など様々な用意が必要で、実際に今の仕事をしながらそれらの作業をするのは、かなり大変なのが正直なところ。まして、土日に転職活動を行うとなると、体が休まらなかったりで本業にも支障が出てしまいます。

そこで、お勧めしたいのは、転職エージェントに相談して転職をする方法です。

 

転職エージェントを利用するメリット

就職活動のプロであるエージェントに相談すれば案件など非公開のものも多く、自分だけでは見つけられなかった、自分の希望条件にある仕事を紹介してもらえるかもしれません。

基本的には、営業や事務など配属先を希望すれば、その案件での紹介になるので、就職したら配属先に納得がいかなかったということはまずないです。

また、未経験での転職や短期離職などのネックがあっても、プロのエージェントはそういった方の就職成功ノウハウを豊富にそろえているため、内定が取れるなどフォロー方法など用意しています。

会社の社風・残業時間など内部情報の調査から、履歴書・職務経歴書作のフォロー体制など、とにかくハローワークなどでいつまでも一人で悩むくらいならプロの手を利用をしない手はないです。

しかも、就職までの利用料金はすべて無料です。

 

転職エージェントといえば、大手でいうと

 

  • リクルート
  • マイナビ
  • DODA

 

の三社が有名でそれぞれ得手不得手など特徴があります。

その中でも、総合的に評価の高いのが、リクナビNEXTなどを運営するリクルートキャリアが運営する【就職shop】【リクルートエージェント】です。

ですが、その中でもそれぞれ一長一短あります。

基本的に転職エージェントを利用する方は、3社くらい登録して、ベストな転職先を選んでいくという方法が一般的です。

ですから、この2社に登録して転職を進めるのが安定しますし、より条件のいい仕事が見つかるはずです。

 

【就職shop】を利用するメリット

  • 書類選考なしなので履歴書で落とされることがない
  • 100%取材した企業なのでブラック企業は無い
  • 営業だけでなく事務、企画、技術など種類豊富な非公開求人

サイトはこちら

 

 

【リクルートエージェント】を利用するメリット

  • 転職成功実績が業界ナンバー1
  • 業界トップクラスの求人数で9割が表に出てない良案件
  • 土日や平日20時~でも面談可能なため仕事をしながら転職活動をひっそり始められやすい

 

転職にかかる期間ですが、長い方で2~3か月かかったという方もいますので、基本的には、今の会社に進めながら、転職エージェントに登録し、ベストな条件にあう仕事を丸投げで探してもらう方法をとるかたがほとんどです。

また無料登録すると絶対に仕事をしなければならないというものではありませんしね。

 

公式サイト:就職Shop

公式サイト:リクルートエージェント

 

いずれにせよ、一人で悩んで一人で転職活動をするのは、成功率も低く効率も非常に悪いので、プロのエージェントにど~んと丸投げしてしまいましょう。

-薬剤師の転職ノウハウ

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2019 All Rights Reserved.