https://xn--wbt56q80alz9bj1kv6oeyg.xyz

薬剤師の転職ノウハウ

「薬樹」の年収は!?競合他社よりも安いの?

投稿日:

一般的に、薬剤師は”年収が高い”というイメージがあります。

薬剤時を目指している人であれば、職場の雰囲気はもちろんのこと、年収は非常に重要な要素です。

薬剤師の平均年収は590万円ほどだと言われていますので、就職先を決める際には、この平均年収も基準になりますね。

どの業界にも言えることですが、あくまでも平均年収ですので、これよりも低い年収の会社もあれば、590万円よりも高い年収をもらえる会社もあります。

そして、年齢やあなたのポジションによっても大きく変わってきます。

現在就職先を探しているのであれば、たくさんの企業を調べている事と思います。

首都圏で調剤薬局を探すと「薬樹」が出てきます。

「薬樹」は、首都圏でも比較的大きな企業で、調剤薬局だけではなく、関連する様々な分野にも、グループとして広く展開している会社です。

「薬樹」の気になる年収はというと、同業他社よりも、年収は低く設定されているようです。

 

薬樹の年収

薬樹では、公式ホームページの採用情報でも、年収の情報が記載されていません。

FAQには年収についての質問について次のような回答がなされています。

Q.年収はどのように決定されますか。
A.年収は面接後、現在の年収、ご本人の経験や専門性を考慮した上で総合的に判断させていただきます。
引用:薬樹ホームページ

一説には、同業他社よりも、薬剤師の給与が低く設定されているという情報もあります。

ただし、残業代が1分単位で支給されるということなので、残業という面ではちゃんと給与に反映されるということですね。

それではここで、一般的な年収についての具体例を見てみましょう。

  • 正社員年収:360万円~580万円
  • パート時給:1,800円~2,200円
  • 派遣時給:2,600円~2,900円

薬樹の一般薬剤師では、平均年収が450万円~470万円ほどのようです。昇給についてもあまり期待はできないようです。

やはり、一般的な薬剤師の年収590万円と比較すると、低く感じてしまいますね。

また、店舗ごとの業績によってボーナスも変わってくるようです。

もっとも多い場合でも、1.5ヵ月分ほどで、やはり同業他社に比べても多いとは言えません。

給与アップを狙うためには、「管理薬剤師への昇格」が必須となっていますが、評価基準としてはあいまいな場合が多いようです。

 

「薬樹」は産休・育休がとりやすい

薬樹の年収は同業他社よりも低いのですが、ワークバランスという意味では、女性も非常に働きやすい環境が整っているようです。

調剤薬局などは、女性が非常に多いので、産休や育休なども取得しやすい環境にあるようです。

産休および育休の復帰時には、短時間勤務も希望することができる上に、自宅に近い店舗があれば、できるだけ近い店舗への配属を希望できるなど、福利厚生の面でも安心することができます。

こういった配慮も、約150店舗を構える大きな企業であるからこそ成し得ることではないでしょうか。

 

薬樹とは

薬樹とは

念のため会社の情報にも触れておきますね。

薬樹とは”やくじゅ”と読み、薬樹株式会社という企業です。

薬樹株式会社は、保険調剤薬局業を事業内容とし、神奈川県を本社に、首都圏で約150店舗の調剤薬局を展開しています。

テレビ番組でも紹介され、耳にした人も多いのではないでしょうか。

薬樹は調剤業務のみではなく、在宅訪問や臨床試験業務、薬剤師の人材派遣や職業紹介などを、薬樹グループとして行っています。

 

薬樹の関連子会社

薬樹には関連子会社として、様々な事業を展開しています。

  • 薬樹SMO株式会社臨床試験(治験)施設支援業
  • 株式会社ブラン・ド・ブラン 医薬品分割販売業
  • 株式会社ファーマリンク 人材派遣/職業紹介業
  • 特例子会社薬樹ウィル株式会社 クリーニング・書類保管、廃棄事業
  • 一般社団法人ソーシャルユニバーシティ 教育研究機関
  • NPO法人Liko-net 健康・環境啓発事業

 

まとめ

薬樹

「薬樹」の年収に関して分かることは、同業他社よりも低くおさえられているということです。

また、昇給もあまり期待できないようですが、「管理薬剤師」への昇格が、大幅な給与アップへのキーポイントになるということですね。

産休や育休の取得もしやすいという点では、企業規模のメリットもおおいに関係しているのではないでしょうか。

ポイントをまとめると以下のようになります。

  • 同業他社よりも年収は低い。
  • ボーナスは店舗の業績によって決まる。
  • 給与の大幅アップには「管理薬剤師への昇格」が近道になる。
  • 産休や育休がとりやすい環境である。
  • 産休や育休復帰後も、自宅近くの店舗を希望することができる。

 

薬剤師として働くうえで、あなたが優先することは何でしょうか。

年収であれば他社の情報を集めることも必要ですし、出産育児との両立を優先したい場合は、店舗数が多く自宅近くを希望できる「薬樹」を検討するのも一つです。

難しい判断にはなりますが、何より”あなたが優先したい事”をしっかり把握して、たくさんの企業情報を集め、比較することが重要なポイントです。

-薬剤師の転職ノウハウ

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2019 All Rights Reserved.