人間関係

年下の子にバカにされる理不尽な職場から解放される手っ取り早い方法とは

投稿日:

「なんでこんなに年下の子にバカにされなきゃならないんだろう。言ってる向こうにも腹が立つし、自分が情けなくなってくる…」

なんて思わないでください!そんなことないですから、世間を知らないでただ単に勘違いして偉そうにするやからは本当に多いです。

真面目なあなたは、その原因を自分自身に向けることもあると思いますが、そこで悩み過ぎてもあなたの人生を無駄にしてしまいますよ。

元営業部長 佐藤さん
こうしたケースって結構多いんです。安心してください。しっかりと対策や、回避する方法をご紹介しますよ。

 

レストランの接客をしていた私が転職を決意したケース

レストランの接客をしていた私が転職を決意したケース

性別:女子
年齢:24歳
辛い経験をした当時の仕事内容:レストランでの接客

レストランでの接客業をしていたときの話です。

働いていた所は結婚式もしているような高級なレストランでした。

私は事情があり他の人が新入社員で入る時期よりも遅れて入社しました。

そこで指導係りというか、色々と細かいことを教えてもらっていたのが私より先に入社していた年下の女の子でした。

元々気の強い子だったみたいで、教えてくれるのはありがたいのですが、口調もキツいし、とても自分より後に入った人の事をバカにしているような態度が目立ちました。

だれとでもそういう態度ならこの子はそういう性格のこなのだと思えたのですが、自分よりも先輩にはそんな風でもなくニコニコと媚びを売っているようにしかみえなくて、裏表が激しく、自分が機嫌が悪いときにこちらが少しミスをすると鬼のような形相で怒ってきます。

口調もだんだん荒くなってくるし正直その人が休みの時はすごくホっとしている自分がいました。

入社した時期は私の方が後ですが、年齢的には上なのでなんか年下の子にこんなにむちゃくちゃ言われるなんて情けなくもあり悔しい思いをしたことを思い出します。

 

先輩のご機嫌をとる?上司に相談する?第二新卒の人は必見の答え

先輩のご機嫌をとる?上司に相談する?

元営業部長 佐藤さん
あるある事例ですね、すごく納得します。 その時点のあなたにはお気の毒としか言えません。 元営業部長の私も30年前にそういう思いをしました。

実はですね、あなたの指導係のような人って多いんですよ。

もし職場じゃなかったら絶対友達にはなれないタイプ、でも職場とくにそれがOJTだった場合、あなたには選択の余地がありません。

きっと上の人に言ったところで本人に軽い注意がなされるだけで結局自分の身に振り戻ってくることが多く、かえって状況は悪化することが多いと思います。

だからお気の毒なんです。

じゃあどうするか?

個人的に仲良くなるようかわいく振る舞うとか、周りの先輩や上司にその人のことをウソでもいいから褒めるようなことを言って印象を良くするとか、思い切って合コンに誘うなり仕事外の仲間意識を高めるかなどいろんな方法がありますよね。

でもそれってその指導係がやっている行動と同じですよ、あなたが指導係に媚を売っているのとなんら変わりません。

逆に上司に直訴して指導係を変えてもらうのは今日のあなたにとっての問題を解決する方法にはなりますが明日のあなたにとっての問題を作ることになります。

しかも入社してまもなく指導係交代を申し出るあなたに対する上司や先輩にきつい印象を持たせることになるため別の問題を作ることになります。

会社っていうところは揉め事を嫌うんです。

元営業部長 佐藤さん
元営業部長の私がそこにいたらどう言うかって?決まってるじゃないですか「うまくやってください」 なぜならば職場の雰囲気も含めた全責任を持っているのですから、あなたのことだけを特別視するわけにはいかないからです。 それが会社というものです。

会社って冷たいなあって思いますか? 逆ですよ、逆。

会社はあなたを大人扱いしているということなんですよ。

元営業部長 佐藤さん
大人じゃないのはちゃんと教えきれてない指導係なのです、そしてその人を指導係にしてしまった会社にもっと大きな責任があるのです。
元部長さんが会社に責任があるというのならば対応してくださいよ
元営業部長 佐藤さん
いやぁ、おじさん、こりゃ一本取られたな(笑)全くもってそのとおりです、言い訳もありません。

 

我慢?転職?あなたにとってのベストとは

我慢?転職?あなたにとってのベストとは

元営業部長 佐藤さん
問題に対処するには、解決・緩和・受容・回避という4つの方向があります。

あなたがすでにプロフェッショナルならば解決してください。

それをしなかったらあなたは今すでにもっているプロとしての腕を時間とともに失ってしまうでしょう。

多少の犠牲を払ってまでもその仕事を続けたいならばダメージを緩和することを考えてください、それがうまく回れば解決につながります。

他に道がなくあくまでもその道のプロフェッショナルになることが最終ゴールであれば多くの職人さんがそうであるように受容してください、つまり開き直って我慢することです。

もしそれ以外であれば回避することも決して間違った選択ではないのです。

言い換えると「傷が小さいうちに職場を変える」ことです。

元営業部長 佐藤さん
第二新卒がこれに当たります。もしあなたが仕事内容を変えながら転職を繰り返しているのならば、それはまだ道を見つけられていないからなのです。 だとしたら今、思いきって転職してしまうのがむしろお勧めですよ。

問題を解くということは問題の捉え方をはっきりさせることなのですよ。

 

あなたはもっと輝ける場所を見つけるべきです!職場を変えることで時間を無駄にしない

あなたはもっと輝ける場所を見つけるべきです!職場を変えることで時間を無駄にしない

元営業部長 佐藤さん
今のあなたにとっては、上で述べた4番目つまり回避することがふさわしいように思えます。

結婚式もできるほど高級なお店のフロアで働くというあなたはきっと見かけ立ち振る舞いもきれいなロマンチストなのでしょうね。

そしてお客様が喜ぶ顔を見たいのではないですか?

そのフロアが飛行機の中であってもいいわけですし、船の上であってもいいし、その場を綺麗に演出するパーティーコーディネーターとかフローリストであってもあなたは活躍できるのではないでしょうか。

それだけではなく他にもいろんな場があると思います。転職エージェントに相談してみてはいかがですか?

きっといろんな道を示してくれますよ。

 

 

転職サイトや転職エージェントを利用するメリット

就職活動のプロであるエージェントに相談すれば案件など非公開のものも多く、自分だけでは見つけられなかった、自分の希望条件にある仕事を紹介してもらえるかもしれません。

また、転職サイトに登録しておけば、今は転職する気がなくても、あなたにとって良い条件の仕事が見つかると自動的にメールでお知らせすることもできます。

 

転職エージェントであれば、事前に職場環境など相談できますし、エージェントも事前に現場を見たうえで案件を持ってくるので、同じようなことには基本的にはなりません。

また、未経験での転職や短期離職などのネックがあった場合でも、プロのエージェントはそういった方の就職成功ノウハウを豊富にそろえているため、内定が取れるなどフォロー方法など用意しています。

 

会社の社風・残業時間など内部情報の調査から、履歴書・職務経歴書作のフォロー体制など、とにかくハローワークなどでいつまでも一人で悩むくらいならプロの手を利用をしない手はないです。

しかも、就職までの利用料金はすべて無料です。

 

転職エージェントといえば、大手でいうと

 

  • リクルート
  • マイナビ
  • DODA

 

の三社が有名でそれぞれ得手不得手など特徴があります。

その中でも、総合的に評価の高いのが、リクナビNEXTなどを運営するリクルートキャリアが運営する【就職shop】【リクルートエージェント】です。

ですが、その中でもそれぞれ一長一短あります。

基本的に転職エージェントを利用する方は、3社くらい登録して、ベストな転職先を選んでいくという方法が一般的です。

ですから、この2社に登録して転職を進めるのが安定しますし、より条件のいい仕事が見つかるはずです。

 

【就職shop】を利用するメリット

  • 書類選考なしなので履歴書で落とされることがない
  • 100%取材した企業なのでブラック企業は無い
  • 営業だけでなく事務、企画、技術など種類豊富な非公開求人

 

 

【リクルートエージェント】を利用するメリット

  • 転職成功実績が業界ナンバー1
  • 業界トップクラスの求人数で9割が表に出てない良案件
  • 土日や平日20時~でも面談可能なため仕事をしながら転職活動をひっそり始められやすい

 

転職にかかる期間ですが、長い方で2~3か月かかったという方もいますので、基本的には、今の会社に進めながら、転職エージェントに登録し、ベストな条件にあう仕事を丸投げで探してもらう方法をとるかたがほとんどです。

また無料登録すると絶対に仕事をしなければならないというものではありませんしね。

 

公式サイト:就職Shop

公式サイト:リクルートエージェント

 

 

また、転職エージェントにお願いするまでではないという方は、転職サイトであれば無料会員登録して、情報を登録しておくだけで、良い案件が見つかったときはお知らせしてくれたり、リクナビNEXTに登録されている85%は表に出ていない未公開案件なので、良い求人情報を見ることもできます。

転職サイトに関しては、断トツで【リクナビNEXT】がおすすめです。

 

転職者の8割がここを利用していたり、人気の企業からスカウトメールが来るなど会員限定の機能で、転職を最大限に効率化することが出来ます、

転職サイトは【リクナビNEXT】さえ押さえておけば問題ありません。

公式サイト: リクナビNEXT

 

いずれにせよ、一人で悩んで一人で転職活動をするのは、成功率も低く効率も非常に悪いので、プロのエージェントにど~んと丸投げしてしまいましょう。

-人間関係

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2019 All Rights Reserved.