既卒の就職に必要なこと、既卒に強い求人サイトやエージェントを知ってもらい就職を成功させる

既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU

既卒だと人生終わりなの?

就活を失敗したから死ぬしかない!?3つのパターンと解決の一歩

投稿日:

既卒に特化した就活サイト・エージェントおすすめランキング

「初めての就活でどうしていいかわからない」 「自分に合った仕事がわからない」 「社会人経験なし」 「公務員を断念したが民間企業への就活がうまくいくか不安」 「面談で既卒の理由を尋ねられると何と答えてい ...

続きを見る

就活が上手くいかず、今後の生活や進路に悩んで自殺する人は、大学生全体の20%にも上ります

「就職できなければ死ぬしかない」なんて考えているならば、ちょっと待ってください!

「せっかく就活で勝ち取った職場がブラック企業だったから死ぬしかない」なんて、ちょっと待ってください!

解決策があります

あなたを助けてくれる人がいます。

あなたを助けてくれる場所があります。

就活を理由に「死にたい」と考えているならば、助けてくれる場所に相談をしてみませんか?

就活の失敗で「死ぬしかない」と思ってしまう人は多い

就活で「死ぬしかない」と思ってしまう人は多い

就職活動を通じて、「もう死ぬしかない」と思ってしまう人は意外と多いのです。

そして事実、就活を苦に自殺をする人が年間数十人もいるのです。

https://twitter.com/xamecox/status/856863955158876160

就活がなかなかうまくいかないと、将来的な不安や焦り、周囲からの目が気になったり身内からのプレッシャーもあると思います。

実際に命を絶つことはなくても、追い詰められてうつ病や不眠症など、精神に病んでしまう人も珍しくありません。

追い詰められ「死ぬしかない」と思っている人が、あなただけではない事を知ってください。

そして、必ず解決策があることを知ってください

 

就活の失敗で「死ぬしかない」と考えた例

就活の失敗で「死ぬしかない」と考えた例

就職活動を通じて「死ぬしかない」と思ってしまう状況には、主にどのようなパターンがあるのかを見ていきましょう。

▼就職が決まらないパターン

一番多いのは、何十社と面接を受けても不採用となり、もう、どうしていいか分からないというパターンです。

就職活動で50社落ちた。もう就職できる気がしない。将来どうやって生きていけばいいか分からない。もう死にたい
もう就活に疲れた。逃げ出したい。

 

▼面接が怖いパターン

圧迫面接で心が折れてしまったり、何度も面接を受けるうちに何が正解なのか分からなくなってしまう場合があります。

何回面接を受けても落ちる。もう面接受けるくらいなら死んだ方がマシ。
明日面接・・・死にたい。どう答えたら正解なのかが全く分からない。

 

▼就活を失敗したパターン

ようやく就職が決まったのですが、いわゆるブラック企業であったり、自分に合わない職場環境に追い詰められるパターンです。

せっかく就職できたのに、パワハラとセクハラがひどい。辞めたいけどまた就活をするくらいなら死んだ方がいい。
手当たり次第に受けた面接で、唯一受かったところに就職したけど失敗だった。残業と土日出勤。生きてる意味がない。

一部を紹介しましたが、この中にあなたの状況に似た例はあったでしょうか。

もしあったならば、必ず解決の道があります!

既卒で就職するなら「就職Shop」がオススメ!特徴や口コミ体験談

就職鵜するにあたり、インターネット上で就職サイトや就職エージェントを探している人は多いと思います。 その中でも「就職Shop」は、就職エージェントとして、就職をする際にエージェントと二人三脚で行ってい ...

続きを見る

 

「死ぬしかない」と考えてしまう原因って何?

「死ぬしかない」と考えてしまう原因って何?

「就職が決まらないパターン」「面接が怖いパターン」「就活を失敗したパターン」に陥ってしまう原因は、あなたのゴールが「就職先を決めること」に置き換わってしまうからです。

最初はみんな一緒にスタートした就活も、徐々に周りが内定を貰い始めると、どんどん焦りが出てきてしまいますよね。

「早く一つでも内定を取って安心したい!」という思いが強くなり、とりあえず応募する、とりあえず面接を受けるなど、手当たり次第に就活を続けてしまいます。

この時点であなたの中にあるゴールは、内定を取る事、就職をすることになっているのです。

就活を始めた時は、自分に合った会社、自分がやりたい仕事を探していたはずです。

しかし、まわりの空気やプレッシャー、とにかく楽になりたいという焦りから、どこでもいいから就職先を決めることを優先してしまいます。

あなたの中で、「内定をもらうこと」「就職先を決めること」だけが生きている意味だと置き換わってしまうのです。

新卒のうちに就職先を決めなければいけない、第二新卒のうちに一生働く場所に落ち着きたいと考えることによって、さらに焦りが加速します。

就職が出来なければ死ぬしかない、と視野がとても狭くなっているのですね。

これは、完全に本末転倒です。

既卒で就活が厳しい場合4つの理由と4つの失敗を直せば就職が決まる

既卒が影響しているのか、就活で何社も落とされて焦っていませんか? わかる、、、わかりますその気持ちっ! ですが、そんなあなたに一つだけ聞きたいことがあります。   根性論で「次こそは、次こそ ...

続きを見る

 

就活を成功させるためには

解決のための一歩

焦りを無くして視野を広げることが大切です。

とはいえ、周りはみんな内定を貰っている、新卒で就職できる時間は少ないなど、なかなかうまく気持ちをコントロールすることは出来ませんよね。

ですので、考え方を少しずつ変えてください。

まず、手当たり次第に就活をしても上手くいかないことを知ってください。

働きたくもない会社、あるいはどんな会社かも分からない職場に勤めたところで、その先ずっと我慢をすることになります。

就職先を決めることがゴールなので、目的を達成した後はもう、仕事へのやる気なんて出るわけがありません。

焦って決めた就職先が自分に合わなかったら、辞めても良いことを知ってください。

今はもう終身雇用の時代ではありません。

ある程度社会を知ったら、自分のやりたい事を見つけたら、転職をするのが当たり前の世の中です。

就職先が見つからなくても、就職先が自分に合わなくて辞めてしまっても、珍しい事ではないんです。

ですので「死ぬしかない」と思ったらまず、相談できる場所を探してください

インターネットを検索すれば、就職に関するアドバイスは山ほどあります。

就職サイトや就職エージェントは今やたくさん存在します。

たくさん存在するという事は、就職エージェント各社も実績を上げるために様々な特色を打ち出しています。

営業職の求人を専門に扱っていたり、IT系企業の就職に特化していたり、既卒の人に特化した就職エージェントだって存在します

既卒に特化した就活サイト・エージェントおすすめランキング

「初めての就活でどうしていいかわからない」 「自分に合った仕事がわからない」 「社会人経験なし」 「公務員を断念したが民間企業への就活がうまくいくか不安」 「面談で既卒の理由を尋ねられると何と答えてい ...

続きを見る

このような就職エージェントは、企業との直接的な繋がりを持つところが多く、非公開の求人を紹介してくれたり、推薦状を書いてくれるような就職エージェントもあります。

履歴書の書き方から面接の受け方、最低限のビジネスマナーも全て教えてくれます。

こういった場所があるということを知ってください。一人で悩んで、人生の視野を狭めないでください。

何が何でも新卒で、どこでもいいから就職をするなんてもったいないのです。

ましてや、就活が上手くいかないから死ぬしかないなんてことは、絶対にありません。

今、就活に失敗して思い詰めているならば、一度周りを見渡してください。

必ず力になってくれる人がいるはずです。

必ず力になってくれる場所があるはずです。

-既卒だと人生終わりなの?

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.