既卒の就職に必要なこと、既卒に強い求人サイトやエージェントを知ってもらい就職を成功させる

既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU

既卒にあった就活の方法

就活の方法で既卒におすすめな4つの方法を徹底的に比較してみた結果

更新日:

既卒の場合、様々な不安を抱えながらの就職活動となります。

そりゃそうですよね、新卒の就活合戦に敗れ、社会人経験もないのに、自信を持てという方が無理な話です。

それ以前に、何から手を付けたら良いか分からないで途方に暮れているといった人もたくさんいます。

そういった場合の解決策は、まず動くことです。

わからなくても、自信がなくても、まずは動き出しましょう。

活動を始めてしまうことで、何が必要なのか、どのような方法があるのかが見えてきます。

既卒の場合、就活の方法は大きく分けて4つあります

それは、ハローワーク、企業説明会、企業ホームページからの直接応募、そして就職エージェントを使うという方法です。

この記事は一つ一つを比較し、就活の方法として既卒にあったおすすめの方法はどれなのかをまとめました。

方法1:ハローワークを活用する

既卒 就活 ハローワーク

これはまず最初に誰もが利用する方法ですね。

ハローワークは、企業が無料で求人を出せる場所ですので、とにかくたくさんの求人情報があります。

ただし、”無料で求人を出せる”という事情が、空求人の原因にもなっています。取りあえず求人を出しておくという企業は多く、「圧迫面接を受けた」とか「いくら応募しても採用されない」という声も多く上がっています。

また、新卒も第二新卒もキャリアも全てが混合しているため、いわゆる”枠”という概念はほぼ無いというのが実情です。

ですので、既卒の場合、新卒や第二新卒と同じ土俵で戦うことになり、激しい競争に巻き込まれてしまうのです。

ハローワークは避けた方がいいというわけではありません。

もちろん優良企業も存在しますので、ハローワークでの就職活動も経験しておくことは非常に重要な経験値にもなります。

 

方法2:企業説明会に参加する

既卒 就活 企業説明会

企業説明会は、大きな会場を使って合同で行われるパターンと、一つの企業が自社で行うパターンがあります。

ほとんどの場合、合同説明会などに参加することになると思います。

もちろん、既卒向けの合同説明会もありますので、既卒の人はこちらに参加することで、新卒や第二新卒との差別化を図ることができます。

とはいえ、既卒向けの企業説明会を探すのはなかなか難しいという声も多くあります。

ほとんどの場合、ハローワークや自治体が合同説明会を開催しているのですが、”既卒向け”という明確な枠を設けているところは少なく、並んでいる言葉は”未経験”や”若手”といったワードです。

未経験や若手向けの説明会とはいえ、やはり新卒や第二新卒が優先されることも珍しくありません。

ですので、企業説明会に参加する際は、”既卒”というワードを使っている、既卒を対象とした企業説明会を探してください

既卒を対象とした企業説明会は、ハローワークで就職活動をするよりもはるかに効率は高く、もちろん既卒を採用する意欲の高い企業が参加しています

また、企業説明会では、ハローワークの求人情報だけを見るのとは違い、実際に自分の目で企業や社員を見ることができるので、企業の温度感を肌で感じる事が出来るはずです。

 

方法3:企業に直接応募する

企業に直接応募する

自分のやりたい事、あるいは就職したい企業が明確にある場合は、企業のホームページから直接応募することもできます

かなり勇気が必要と思うかもしれませんが、ハローワークや企業説明会と比べても、やることは同じです。

企業のホームページの採用情報から応募するということは、あなたが直接アプローチするということですので、企業側も”あなた”を直接認知します。

応募をした後は、あなた自身が企業とやり取りすることになりますので、ある程度のビジネスマナーは意識しておきましょう

メールの書き方や電話の応対は、あなたの印象に直結します。デメリットに感じるかもしれませんが、書類だけではなく、声や対応を直接企業に知ってもらう大きなチャンスでもあるのです。

企業に直接応募する準備としては、ハローワークや企業説明会などで、企業との接し方を何度か体験しておくとよいでしょう。

企業との直接のやりとりは、応対次第では好印象を与えることが出来、既卒など関係なく人柄をアピールする場でもあるのです。

 

方法4:就職エージェントを使う

就職エージェントを使う

既卒という不安が大きい場合、なかなか就職活動に踏み出すことが出来ません。

それは、細かい一つ一つの挙動、例えば履歴書の書き方や面接に行くときの心構え、面接時の受け答えや企業を選ぶ際の動機など、正解を探してしまうからです。

就職活動を行う上で、それらの完ぺきな正解などはありませんが、基準というものは存在します。

この基準を知ることは非常に大切です。

ハローワークや企業説明会をいくつか経験していくことで、自分自身で身に着けることも可能ですが、近道もあります。

それが就職エージェントを使うという方法です。

就職エージェントは、就職活動のノウハウをしっかりと把握しています。

また、それをマンツーマンで教えてくれる上に、面接時のフォローや推薦状を書いてくれる就職エージェントも存在します。

【ウズキャリ既卒】が既卒の就活実績NO1である詳細な理由

この記事では、書類審査や面接でつまづいているあなたにぴったりの就活支援サービスをご紹介します。 既卒の就活の最大の山場は何といっても「履歴書」と「面接」。 この2つの壁を、他社の追随を許さない圧倒的な ...

続きを見る

既卒で自信が無く、就職活動の一歩目が踏み出せない場合は、就職エージェントに全面的に頼るという方法は、むしろ正解です。

また、就職エージェントが扱う求人というのは、全て企業が有料で就職エージェントに依頼している求人ですので、ハローワークのように空求人はありません。

積極的な採用意思のある企業ばかりです。

就職エージェントは企業との深い繋がりを、長年かけて構築していますので、ハローワークや一般の求人サイトに掲載していない、いわゆる”非公開求人”というものを持っています

これは、その就職エージェントから優先して人材を採用するという枠です。

特に既卒を専門としている就職エージェントの求人ならば、既卒を積極的に採用したい企業が、就職エージェントを通した人材を積極的に採用しています。

就職活動の基礎を学びたいという場合でも、就職エージェントを通して就職をしたいという場合でも、就職エージェントに登録しておくことに損はありません。

こういったエージェントは積極的に活用すべきなのです。

 

まとめ

既卒でも就職できる就活方法4つを比較!あなたのスタイルを探そう!!まとめ

既卒の就職活動は、自信が無いという理由から一歩踏み出せない人もたくさんいますが、それを積極的に助けてくれる場所もたくさんあります。

大きく4つの方法を紹介しましたが、どれが一番良いというわけではありません。

ハローワークの求人で経験を積むことだって出来ますし、企業説明会で社員と話してみることも出来ます。

また、自分で直接企業に応募して、自分自身をアピールすることだって出来ますし、就職エージェントを通して、既卒であるというメリットを生かすことも出来ます。

まずは何から始めようか、と迷ったならば、就職エージェントで就職活動のノウハウを身に着けてください

担当者と合う合わないというデメリットもあるのですが、それは、いくつか登録して自分と相性のあうひとを見つけることで解決しますので、2社以上の就活エージェントを利用することをお薦めします。(もちろん無料です。)

そして、それを元に自分自身で企業に直接応募してみてもいいですし、企業説明会に参加しても構いません。

既卒でも必ず就職することは出来ます。

まずは、第一歩を踏み出しましょう!

既卒に特化した就活サイト・エージェントおすすめランキング

「初めての就活でどうしていいかわからない」 「自分に合った仕事がわからない」 「社会人経験なし」 「公務員を断念したが民間企業への就活がうまくいくか不安」 「面談で既卒の理由を尋ねられると何と答えてい ...

続きを見る

-既卒にあった就活の方法

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.