既卒の就活体験談

既卒で就活に成功した猛者たちの【体験談】

投稿日:

既卒だと就活が不利?!

一生フリーターしかないのか?!

就活がなかなかうまくいかないと、どんどん不安になってしまいますよね。

ですが、安心してください!

既卒でも、就活に成功して正社員への道を見つけている先輩たちはたくさんいます。

明かりのない暗闇を進むあなたの道しるべとなる灯台のような、先輩たちの就活成功体験談を集めてみました。

これを読んだらやることは、一つ。

即行動ですよ!

既卒の就活で何度もつまづいた人でも、比較的高い確率で内定をゲットできる方法も合わせて紹介しますね。

既卒の就活成功体験談パート1 25歳男性のケース

私が現在の仕事に就くまでの就活の話をします。

高校を卒業後当時は大学へ行くことよりも、アルバイトなどの仕事をしてお金を稼いで遊びたいという気持ちが強かったため、進学せずフリーターの道を選びました。

コンビニやスーパー、引っ越し作業員からピザの配達まで様々なアルバイトをしていました。

 

21歳ごろからフリータに不安を覚え就活スタート

当時は充実していた日々を過ごしていましたが、21歳頃からこのままフリーターでやっていくことに不安を覚え始めていました。

ただ25歳まではいろんな仕事を経験してみたかったのもありタウンワークで現在の仕事を見つけ応募してパートとして働いていました。

大きな会社ではあったのでいろいろと福利厚生をはじめ従業員の人も相性の良い人が多く働きやすい職場で半年ほど働いていたある日、広報部門の女性が結婚を理由に退職することになり、ひょんなことから自分が広報をやることになりました。

 

パートから正社員になった

まったく未経験で自分で色々と本を買ったりいろんな先輩方に教えてもらいながら仕事をこなしているうちに、だんだんと仕事が楽しくなってきていて、そんなある日、社員にならないかと上司から声をかけてもらったことがきっかけでそのまま採用試験に挑みました。

その結果、今は転勤をして部署も役職も変わりましたが10年以上にわたって今の会社で働いています。

 

既卒で就活に成功した私からあなたへアドバイス

私の場合は就活をしたわけではないですが、アドバイス的な事を言うと、どんな仕事に就きたいかわからない人は、アルバイトでもパートでもどんな雇用形態でもいいのでいろんな職種を経験することが一番だと思います。

そして色々と経験した中で自分がこの職種や会社ならやっていきたいと思えるような所が見つかったらそこに向かって就活を頑張ればいいと思います。

また、もし少しでも気になる仕事があれば、あまり慎重になりすぎず、積極的に面接を受けてみるのもいいです。

ちょっとやってはすぐ辞めては良くないですが、どんな仕事もある程度やってみなければ、楽しさもわかりませんし、やりがいも生まれないものです。

就活は決まることがメインではなくあくまでスタートにしか過ぎないので、なんらかの形で自分がやる気が出せるような所に就職ができたらいいなと思います。

既卒に特化した就活サイト・エージェントおすすめランキング

「初めての就活でどうしていいかわからない」 「自分に合った仕事がわからない」 「社会人経験なし」 「公務員を断念したが民間企業への就活がうまくいくか不安」 「面談で既卒の理由を尋ねられると何と答えてい ...

続きを見る

 

既卒の就活成功体験談パート2 21歳女性のケース

フリーターとして、単発アルバイトでビラ配りをしていた私が就活を始めたきっかけは、『将来への不安』でした。

短大卒業直後は、周りにも4年制大学に行っている学生がほとんどで将来への不安を抱くことは少なかったのですが、次第に友達も就職活動を始めたり内定をもらったりしているのを見ていて、自分の将来のことも考え始めたのです。

 

就職Shopを利用したら既卒でも内定をもらえた

そんな時に目にしたのが『就職Shop』という求人サイトの「既卒」という言葉でした。

既卒であってもしばらくは「新卒」として扱ってくれる企業があることを知り、勇気を出してアパレル会社や不動産屋を中心に就職活動を始めました。するととんとん拍子に数社から内定をもらえたのです。

既卒で就職するなら「就職Shop」がオススメ!特徴や口コミ体験談

就職鵜するにあたり、インターネット上で就職サイトや就職エージェントを探している人は多いと思います。 その中でも「就職Shop」は、就職エージェントとして、就職をする際にエージェントと二人三脚で行ってい ...

続きを見る

 

既卒で就活に成功した私からあなたへアドバイス

今考えると、既卒でも就活が成功した要因は、「なんのために働きたいのか」「なぜ正社員を選ぶのか」という理由が、明確になっていたことと、既卒でも諦めたくないという強く意思が採用担当者に伝わったからだと思います。

大学3年生や4年生の学生の中には、このふたつの理由を答えられない人が多いということを後々採用担当者から聞かされました。

ただ周りに合わせて就活を始めた、誰かに言われたから正社員を目指しているなどと言う学生は意外と多いのだそうです。

「働きたい」と言う気持ちが強ければ、既卒でもフリーターでも高卒でも「採用したい」と思っている企業は意外と多いのです。

しかし、いくらそんな情熱を心の中に持っていても言葉にして伝えなければ、採用担当者の心には響きません。

まとまっていなくても、たどたどしくてもいいので、とにかく自分の正直な気持ちを面接や履歴書で伝えられることが出来ればきっと就活は成功を遂げるでしょう。

人より多少難がある就活の方が、採用担当者の心にも響きやすいのではないでしょうか。

 

 

既卒の就活成功体験談パート3 30歳男性のケース

私が、就活を始めたのは明確ななりたい目的のために努力というか、結果を出してから就職活動を始めようとその結果が一応の目安が自分自身付いたためです。

 

既卒の理由は税理士に就職したかったから

というのも私は、税理士になるという目的があって、受験生というかフリーターという事になってました。

半年間くらい資金を溜めるためアルバイトをし受験する専門学校の費用とある程度の資金を稼いでから、その後受験勉強に専念するという生活を5年間くらい続けました。

税理士試験というのは、科目合格制で1年に1科目でも必須の会計科目2科目と選択必須の税法1科目と税法3科目で合格できるという制度になっていました。

私自身、会計科目2科目と欲を言えば税法必須の1科目を合格した時点で就職を考えていました。

何か目的を持っているというところを相手に思わせないと実際のところ5年間の正社員でないブランクがあると難しいみたいです。

私の場合、どこか会計事務所もしくは税理士事務所に入れてもらい、税理士になるために必要な2年間の実務経験を得ようという目的とその間、働きながら後の税法3科目を何とか合格しようという思いがありましたので、その旨を面接で前面に出して望みました。

 

100以上電話帳に載っている事務所にアポ取り面接

それでも、経済活動の少ない九州の片田舎でしたので、100以上は、片っ端からはっきりいうと電話帳に載っている事務所は、すべて電話でアポを取ってから面接をしてもらいました。

面接をしてくれるのであればいいほうで大抵の場合、電話の時点で断られます。

求人案内やハーローワークといったところばかりをまわっていてもなかなか難しい面もありました。

 

既卒で就活に成功した私からあなたへアドバイス

結局自分の場合、現在通っている学校が、会計事務所でもあったので頭を下げてアルバイトということで入れてもらい税法を後1科目合格した時点で正社員にしてもらいました。

結局最終的に頼りになるのは、事情を知っている知人や関係者のツテだと思います。

企業がお金を出して求人を出している就活サイトやエージェントも、既卒の事情を知っているので、ある程度融通がきくはずです。

 

 

既卒の就活成功体験談パート4 24歳男性のケース

大学受験に失敗して23歳までフリーターをやっていたのですが、周りの同級生が就職していくのに危機感を感じて就職活動をすることにしました。

高卒で就職するなんて無理だと思ってハローワークに行ってみたのですが、年齢が若かったこともあり、自分でも選択肢がたくさんあることを知ることができました。

ただ仕事の多くは、工場や警備員が多くで、自分がやりたいと思える仕事はなかったんです。

既卒の就活でハロワを使って失敗した話

一般的に就活の際に仕事探しに利用するのはハロワが多いですよね? 確かに既卒の方の多くがハロワを利用するのですが、実はハロワって、企業側からすると無料で求人を出せるので、リクルートなど民間の就活支援と違 ...

続きを見る

そこで当時のバイト先の先輩に相談してみると、福祉系の仕事が向いている、とアドバイスを頂いて、福祉を中心に仕事を探してみることにしたのです。

 

実は介護業界は経歴に自信がない人におすすめの仕事【経験談】

関西の地元にある「福祉人材・研修センター」という所は、福祉の求人だけを集めたハローワークのような所で、そこで施設をいくつかピックアップしたのです。

人生初の就職活動だったので緊張しましたが、どこの施設も若い人材を求めているので、大歓迎されるような待遇を受けて、即効で3社から内定を貰いました。

介護業界は人手不足ですから、経歴に自信がない人で、とりあえず就職したい人にはオススメできます。

楽な施設もあって、高齢者の方と喋っているだけで給料25万も貰える所もあります。

私が最初に勤めていた施設も、月収23万で仕事は喋るだけです。

本当に楽過ぎるのにフリーター時代の3倍も給料を貰っていましたから、どんな仕事でも正社員は強いですよ。

フリーターの時は6万〜7万ぐらいの月収しかありませんから、実家に住み続けなければなりませんでしたが、介護職を始めてからは一人暮らしを始めて、現在は東京の施設に就職しています。

月収20万以上もあれば東京で一人暮らしも余裕なので、福祉系の仕事は生きて行く分には十分な仕事です。

どんな経歴であろうと採用される可能性が高いので、とりあえず仕事をしなければならない人にはオススメできます。

 

既卒で就活に成功した私からあなたへアドバイス

高卒で就職活動をしていると大卒との差を感じてしまうかもしれませんが、大卒でも良い企業に就職できるのは少数です。

中堅私大以下なら、工場や警備員やパチンコや介護など、高卒や中卒でも就職できる会社に行く人もいます。

一流企業に就職できるのは大卒でも上位数%だという事を理解して、諦めて地道に働ける所で働きましょう。

まずは就職して、もっと給料が欲しいならば、資格取得を目指したり起業をしても良いと思います。

 

 

体験談からわかった既卒の就活攻略法6か条

上記の体験談から見えてきた既卒の就活攻略ポイントを6か条にまとめてみました。

  • どんな仕事もある程度やってみなければ、楽しさもわからないし、やりがいも生まれない。
  • 「就職Shop」など就活支援サービスを利用し、素人目線の就活をやめる。
  • 働く理由や正社員になりたい理由を明確にする。
  • 諦めたくないという強い思いが面接官に伝わるようにする。
  • 事情を知っている知人や関係者のツテを利用する。
  • 既卒でもニーズがある業界を狙って就活する。

上記を考慮した結果、有利に就活を進めることが出来る方法が、就活エージェントの利用です。

理由は以下の4つです。

  • 既卒でもニーズがある企業のクローズ求人案件を持っている。
  • 就活に特化したプロの目線でレポートしてくれる。
  • 働く理由や面接での印象などをマンツーマンで模擬面接など訓練してくれる。
  • 既卒に特化した支援サービスを利用すれば、事情を分かっているため話が早い。

 

統計では、みなさん最低でも2社以上は利用し、就活しているそうです。

確かに、その方が就職できる確率は、選択肢も多い分上がります。

それぞれ30秒ほどで完了できるので簡単です。

既卒に特化した就活サイト・エージェントおすすめランキング

「初めての就活でどうしていいかわからない」 「自分に合った仕事がわからない」 「社会人経験なし」 「公務員を断念したが民間企業への就活がうまくいくか不安」 「面談で既卒の理由を尋ねられると何と答えてい ...

続きを見る

-既卒の就活体験談

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.