既卒の面接

既卒の就活で空白期間を答えるときの3つの注意点【面接編】

投稿日:

既卒の場合の面接で一番困るのが、この「空白期間」に何をしていたかという質問です。

これは、必ず聞かれます。

「なんで就職しなかったのですか?」という質問に、公務員試験に挑戦していたからなど、面接官が納得するような理由があればいいですが、明確な理由がない人もいますよね。

だからと言って「なんとなくしませんでした。」なんて絶対言えませんし、なかなか内定がもらえなかったからといって「実は病気をしていて…」なんて嘘をつけば絶対に落とされます。絶対にやめてくださいね。

じゃあどう答えればいいのか…。

色々なケースがありますから、こう答えれば必ず大丈夫というものはありませんが、この3点に気を付ければ、内定をもらえる確率は格段に上がるという注意点を教えることはできます。

この記事では、既卒の就活で空白期間の質問に答える際の3つの注意点について詳しく紹介します。

既卒の就活で空白期間の質問に答える際の3つの注意点

では、早速結論から。

既卒の就活で空白期間に関する質問に答える際の3つの注意点は以下の3つです。

  • 嘘をつかず、事実を伝える
  • 就職しなかった、または出来なかった事実を真摯に受け止めているか
  • その経験を活かし、今後どうしていこうと考えているか

 

嘘をつかず事実を伝える

例えば、「なぜ就職しなかったのですか?」という面接官の質問に、ありのままの事実を伝えるとこのような感じです。

周りがどんどん就活を進めている中で、どうしてもやりたいと思える職種がなかったり、就職をしたいという意欲が持てず、就職をせず卒業を迎えてしまいました。

 

どうですか?これを伝えられた面接官はどのようなことを思うでしょうか?

絶対、消極的な印象を持たれて落とされます。

 

つまり、冒頭で、嘘をつかないということを伝えましたが、ただありのままを伝えるだけでは、「だからどうしたのですか?」で終わってしまい、マイナスの印象しか与えられません。

 

そこで、既卒の空白期間というマイナスをプラスに変える質問の答え方の順序が以下です。

マイナスでも事実を伝える

自分自身を振り返り冷静に分析、反省する

それらを活かして今後どうしていくのか答える

要は、マイナスで終わらず、それを自分の中でプラスに変えて答えるのです。

 

就職しなかった、出来なかった理由を真摯に受け止めている

次に、就職しなかったり、就職できなかった理由を真摯に受け止め、反省しているかが面接官に伝わるかがポイントとなります。

周りがどんどん就活を進めている中で、どうしてもやりたいと思える職種がなかったり、就職をしたいという意欲が持てず、就職をせず卒業を迎えてしまいました。

今思うと、自分の引き出しの中だけの判断でしかないので、企業訪問などに積極的に参加するなど自分の視野をもっと広げ、職業の選択肢を増やそうとするべきだったと反省しています。

 

どうですか?ちょっとは前向きに感じられるようになりましたよね。

大切なことは、既卒になってしまったという事実から、あなたが何を思い、反省して、前に進もうとしているのかが相手に伝わればOKということです。

逆に、ここで最もやってはいけないのが、言い訳をしたり、原因を自分以外のせいにするということです。

そんな人に、他人がいい印象を持つことは絶対ありません。

 

既卒の経験を活かし今後どうするのかを伝える

さらに、そういった経験を活かし、今後どのようにしていきたいかを加えれば、より良い答え方になります。

周りがどんどん就活を進めている中で、どうしてもやりたいと思える職種がなかったり、就職をしたいという意欲が持てず、就職をせず卒業を迎えてしまいました。

今思うと、自分の引き出しの中だけの判断でしかないので、企業訪問などに積極的に参加するなど自分の視野をもっと広げ、職業の選択肢を増やそうとするべきだったと反省しています。

このような状態に二度とならないように、今後は考えすぎず、行動することを第一に、積極的にチャレンジしていきたいと考えています。

 

または、

新卒の時に広告業界に絞って就職活動を行っていましたが、内定をいただくことが出来ず、現在既卒として就職活動を続けています。

既卒になった原因は、業界の選択を絞りすぎてしまい、視野が狭くなっていたことです。

そこで、今後は、法人営業職を目指すことを念頭に業界の垣根を設けずに、幅広い視野で就職活動を行っています。

 

「なぜ就職しなかったのか?」という空白期間に対する質問には、このように答えることで、「自己を冷静に分析し、改善することが出来る人」という印象を持たれ、自己アピールにもつながります。

 

【まとめ】言い訳せず真摯に受け止め改善している自分をあなたの言葉でアピールする

具体例もまぜて説明してきましたが、大切なのは

自分の改善点を分析し、それを活かして今後どうしていくかをしっかりと伝えること。

これが、新卒とは違う既卒の面接のポイントになります。

自分の悪いところなど、面接官に伝えて、マイナスの印象を持たれないか?と考える人もいますが、そもそも就職しなかったという時点で、あなたに何かしらのマイナスの理由があって、既卒になったのだなと面接官は考えています。

 

ですから、既卒になってしまった自分と、今の自分を比較して、どのように軌道修正をしたのかが、面接官に伝わるよう説明すればいいのです。

失敗したけど、今の自分は原因を把握し、改善に向けて動きだせるということをアピールしてください。

 

ただし、これらをそのまま暗記し伝えるようなことはやめてくださいね。

うわべだけの言葉は、絶対に相手に響きません。

まずは、あなたの中にある「反省」や「決意」と向き合ってそれを文章化し、答えられるよう何度も練習してください。

 

原因や改善を客観的に見てほしい場合は就活支援サービスを利用しよう

ですが、自分一人だけでは自信がない、もしくは原因を客観的に判断できないという場合は、就活支援サービスを利用することを絶対すすめます。

下記の記事では、既卒に特化した就活支援サービスをランキング形式で紹介しています。

既卒に特化した就活サイト・エージェントおすすめランキング

「初めての就活でどうしていいかわからない」 「自分に合った仕事がわからない」 「社会人経験なし」 「公務員を断念したが民間企業への就活がうまくいくか不安」 「面談で既卒の理由を尋ねられると何と答えてい ...

続きを見る

マンツーマンで、面接の練習をしてくれたり、就職に長年携わってきた就活のプロが、客観的かつプロの目線でアドバイスをしてくれます。

利用は無料なので、ぜひ活用してください。

-既卒の面接

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.