既卒にあった就活の方法

既卒で就活が厳しい場合4つの理由と4つの失敗を直せば就職が決まる

投稿日:

既卒が影響しているのか、就活で何社も落とされて焦っていませんか?

新卒のころから今までハローワーク通っていろいろな会社を受けてきたけど、書類で落とされたり、最終までいっても結局落とされる、、、 自分ていったい何だろう、、、情けない、、、なんでこんなにも落ちるんだろう。

正直自分に自信なくすわ。

わかる、、、わかりますその気持ちっ!

ですが、そんなあなたに一つだけ聞きたいことがあります。

 

根性論で「次こそは、次こそは」と、やみくもに受けていませんか?

実は、既卒の場合、就活が厳しいのはほとんどの場合、4つの理由があり、4つの失敗をしています。

そこで、この記事では、その4つの理由と、4つの失敗について詳しく説明します。

これらを知ることで、既卒でも、就活が決まる確率がかなり上がります。

【理由1】そもそも選考通過が厳しい会社のみを選んでいないか?

こんな人はこの項目に当てはまることが多いです。

  • なかなかエントリーシートが通らない
  • 気づいたら有名な企業ばかり選んでる
  • 競争率や採用する予定人数などは見ない

これは、よく考えれば厳しくなるのは当たり前なのですが、ありがちな失敗パターンです。

大企業がいいからといって、求人サイトのランキング上位にあるような知名度や人気の高い企業だけを受けても、そこはやはり激戦区なので当然厳しい戦いが待っていますし、その難関を突破するのはそれなりの用意が必要です。

元営業部長 佐藤さん
間違ってほしくないのですが、大企業や人気の企業を受けない方がいいと言っているわけではありません。

応募しながら並行して、中小企業やほかの業種も調べていきましょう。

業界研究や企業研究のつもりでいろいろ見ているうちに、思わぬ発見や希望の仕事が見つかる場合もあります。

ちなみに私の場合、これまでしてきたほとんどの仕事は、自分が初めから希望する仕事ではありませんでした。

その業界に入って、仕事を一生懸命することで、楽しさややりがいを見出すというパターンがほとんどでした。

既卒で就活が難しいと頭を抱えている今のあなたの苦しい状況はわかりますが、一度深呼吸して視野を広げて、面接の機会を増やしてみてください。

経験を積めば、自分をアピールする力も強くなりますし、確実に内定への一歩となるはずです。

 

【理由2】こだわりが強すぎて本当はあなたに合っている会社を見逃してないか?

こんな方は是読んでほしい。

  • 訪問した企業は10社以下
  • 思い込みが強いほう
  • 外食すると食べたいものがなくて決まらない

厳しいようですが、新卒の人でも30、40社と応募してようやく1社を見つけるといった人はざらにいます。

そんな中で既卒であるにも関わらず、数社受けてダウンしてしまうのは、圧倒的に行動不足です。

自分が希望する会社が少ないからという理由もわからなくないのですが、これまでと同じやり方をしていてはいつまでたっても現状は変わりません。

いったんこだわりを捨てて、業界研究や企業探求の一環とおもって、視野を広げて応募する企業を増やしてみましょう。

例えば、多くの求人情報が掲載されている求人サイトを活用して、メーカー系5社、IT3社などなど、ざっくりと気になる応募企業を選んでみるのも手ですよ。

下記の記事では、既卒に特化した求人を数多く掲載したサイトを詳しく紹介しています。

登録は無料ですし、30秒で出来るので、まずは一歩踏み出して覗いてみましょう。

既卒で就職するなら「就職Shop」がオススメ!特徴や口コミ体験談

就職鵜するにあたり、インターネット上で就職サイトや就職エージェントを探している人は多いと思います。 その中でも「就職Shop」は、就職エージェントとして、就職をする際にエージェントと二人三脚で行ってい ...

続きを見る

 

【理由3】損得だけで会社を選んで応募していないか?

こんな考え方の人は、要注意です。

  • 大手企業のほうが、転職するときに有利だ
  • 親に説明するときに人気企業のほうがいい
  • 大企業のほうが結婚に有利に働くかも

上記のような打算的というか、合理的な理由で就職する会社を選んでいませんか?

こういった部分は、一見関係ないように見えて、面接などの機会に面接官に見透かされてしまうものです。

一度原点に立ち返って、

  • 子供のころの夢
  • 趣味
  • 好きなこと

など自分が楽しめるような仕事という視点で会社を選んでみてはどうでしょう。

例えばゲームが好きであれば、ゲームの製作会社や、その関連企業などいろいろ探せばあるはずですし、最終的にはあなたの思いのこもった熱が、企業の面接官に伝わるはずです。

あまり先のことを考え打算的になりすぎず、あなたが生き生きと楽しく出来る仕事ややりがいを見出せる仕事や企業を選んでみるといいですよ。

 

【理由4】好待遇や潰れにくい会社など条件だけで会社を選んでいないか?

  • 日ごろ使うものや食べ物はあまり考えず大体同じものを買う
  • 応募した理由はぶっちゃけ会社名が浮かんだからが本音
  • 自分が努力して勝ち取ったものが見当たらない

こんな人はこちらに該当します。

例えば仕事を探すとき、

  • 残業が少ないが会社がいい
  • 給料が高い会社がいい
  • 潰れない会社がいい
  • クビにならない会社がいい

このような好待遇の条件で就職を決めていませんか?

確かに、みんな考えますよね。そりゃそんな会社があれば誰だって入りたいです。

ですが、世の中が光の速さ並みで進む、、、言い過ぎました。

目まぐるしいスピードで進むこの世の中で、大企業だからと言って常に安定している保障なんてどこにもありません。

元営業部長 佐藤さん
あの大企業のシャープやタカタ、ワタミなどですら、昨年の報道で、経営危機予備軍リスト入りしています。

また、今は給料が高い会社や、残業が少ない好待遇の会社なども、今はそうだというだけであって、いつ見直しがかかるかは誰もわかりません。

ですから、あなたが重視している条件や企業に対するイメージを、ちょっと横に置いておいて、視野を広げてみてください。

また、あなた自身が会社や世の中に何か貢献できないかななど、視点を変えると思わぬ良求人や応募先に出会えることもあります。

 

【失敗1】会社選びは合格だけど書類選考や面接対策など準備不足

このパターンに多いのが、自分のことを

  • 自分は本番に強いタイプ
  • これまで大体ぶっつけ本番で何とかなってきた

このように思っているタイプです。

確かに、これまではどうにかなってきたのかもしませんが、今のあなたの現状を冷静に考えてください。

みんなが何とかいい仕事に就きたいと真剣に就活をしている中、ぶっつけ本番でうまくいくケースは稀です。

ですから、今まで出してきたエントリーシートを見直してみたり、面接対策を練り直しましょう。

ただ、何も正しい知識がない中で、言い方は悪いですが、あなた一人の力だけでうまくいくほど就活は甘くありません。

そこで、就活のプロに相談してみてはどうでしょうか?

下記の記事では、無料で利用できる【既卒に特化した就活サイト】を紹介しています。

あなたが希望する企業を直接調べ、上司のことまで知っていたり、既卒の場合に特化した履歴書の書き方や面接対策を無料で行ってくれます。

【ウズキャリ既卒】が既卒の就活実績NO1である詳細な理由

この記事では、書類審査や面接でつまづいているあなたにぴったりの就活支援サービスをご紹介します。 既卒の就活の最大の山場は何といっても「履歴書」と「面接」。 この2つの壁を、他社の追随を許さない圧倒的な ...

続きを見る

 

【失敗2】自分の意志や思いを相手に伝える力が足りない

このパターンには

  • 相手の目を見てしゃべることができない
  • 言葉で説明するのが苦手
  • 人柄を誤解されやすい

という人が多いです。

普通の生活の中では、付き合う人をある程度選べますので、理解者の中で何とかなったと思います。

ですが、応募先の企業の面接官は全くの赤の他人です。

赤の他人ですからあなたのことは何も知りませんし、第一印象や言葉遣いなどで判断せざる負えません。

そんな中であなたの良さを感じとってもらうのはまず不可能です。

じゃあどうすればという話ですが、よくありがちなハキハキとした体育会系のあなたを演じろとは言いません。

ですが、この2点を抑えておいてください。それは、

  • 既卒だった理由
  • 応募したり理由
  • 自分の強みなど自己PR

これらは数分間相手に語れるくらい、自分のこれまでを振り返りながらエピソードを考えてください。

もちろん身だしなみなど第一印象でも判断されるので、さわやかな印象があるに越したことはありませんが、まず淡々とでもいいですから、相手に自分の意志や思いを伝えることが大切です。

既卒だと人生が終わり?書類選考で落ち面接で緊張するあなたが就活を成功するためには

この記事では、既卒になったら本当に人生が終わるのか?というネット上の噂の真意を詳しく紹介していきますね。 ネットを調べると、大学在学中に就活しましたが、全く内定取れずに、その後大学を卒業し就活するもう ...

続きを見る

 

【失敗3】自分の強みがわからない、自分に自信が持てない

  • 土壇場で一歩引いてしまう
  • 自己PRを考えるのに時間がかかる
  • 面接の時ほかの人を見て自信がなくなった

上記に該当する方は、こちらが参考になるはずです。

他人と比べるのをやめましょうとよく面接マニュアル本などに書いてありますが、実際はどうしても反射的に比べてしまうものです。

元営業部長 佐藤さん
ですから、まず他人と比べるのはこの際いいです!(笑)

あなたは自分に自信が持てないということですが、まず自信があるからといってうまくいくわけではないですし、そもそも自信とははじめからあるものではなく、小さな成功体験の中から少しづつ生まれてくるものだということをわかっていてください。

それと、「強みがわからない」ため自信が持てないという人が本当に多いですが、就活に焦って本当の自分の良さを見失っていませんか?

あなたがこれまで、家族とのことや学校でのこと、部活や人間関係など、いろいろと経験してきたことや、成果、学んだことなどを、ぜひ【ノート】に書き出してみてください。

あなたの得意なことや強みが、長所が見えてくるはずですし、これこそ企業へPRするべき点です。

経験がない方は、「ノートに書いてなんになるんだ」と思うかもしれませんが、自分の頭の中のことをノートに書くということは、脳内の整理に有効な方法であるとして、数多くの自己啓発本にも書かれています。

私もやったことがありますが、本当に書くことで気持ちがスッキリしますし、自分これから何をすればいいのかなどが明確になるので、本当におすすめです。

 

【失敗4】就職にこだわりがなさ過ぎる

  • やりたいことがわからない
  • 友人の相談で大丈夫なことでも「大丈夫」ではなく「問題ないと思う」という答え方をする。
  • 外食などとりあえず迷ったら、目の前のものから選ぶ

上記に該当する方は、面接官にこだわりがないと注意される可能性があります。

周りが就活するから、入りたいと思う会社はないけど、とりあえずなんとなく応募してみるというスタンスで就活すると、必ずエントリーシートや面接で相手に伝わります。

もし、あなたがやってみたい仕事、やりたい仕事のイメージが全くないのであれば、焦らずに会社説明会などに積極的に参加してみましょう。

また、企業のOBの人と話すことで興味や関心が生まれる場合もありますので、いろいろ情報を集めてみましょう。

 

まとめ

ここまでで、既卒の就活が厳しい4つの理由と4つの失敗に触れてきましたが、あなたの就活が決まらない理由をまとめると

受ける会社を間違えている

または、準備不足

この二つのどちらかに該当します。

応募企業を増やすか、準備をもっとする、これらを両方強化することで、必ず内定へ近づくはずです。

そのためにもお勧めするのが、一人ですべてを判断するのではなく、就活エージェントに客観的にサポートしてもらう方法です。

就活エージェントとは、履歴書の書き方や面接など、あなたの就活を無料でサポートしてくれるサービスです。

大手だとDODAなどがそうですね。

こちらの記事で、【既卒の就活に特化したおすすめの就活エージェント】を紹介しています。

既卒向けの求人を紹介してくれたり、既卒に特化した履歴書の書き方や、面接での卒業後の空白期間の答え方などをサポートしてくれます。

既卒に特化した就活サイト・エージェントおすすめランキング

「初めての就活でどうしていいかわからない」 「自分に合った仕事がわからない」 「社会人経験なし」 「公務員を断念したが民間企業への就活がうまくいくか不安」 「面談で既卒の理由を尋ねられると何と答えてい ...

続きを見る

-既卒にあった就活の方法

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.