就職活動の豆知識

既卒で就活する場合の費用はいくらか先輩に聞いてみた。

投稿日:

既卒に特化した就活サイト・エージェントおすすめランキング

「初めての就活でどうしていいかわからない」 「自分に合った仕事がわからない」 「社会人経験なし」 「公務員を断念したが民間企業への就活がうまくいくか不安」 「面談で既卒の理由を尋ねられると何と答えてい ...

最低限なものをそろえるだけでも意外とかかるのが就活の費用です。

例えば交通費や、求人や企業の情報など集めに使うパソコンやネット代、携帯代など見当がつきません。

さらに、スーツや靴、カバンなど用意するとなるともはや、いくら必要なのかよくわかりませんよね。

就職活動が忙しくなってくると、アルバイトも時間をさけなかったりする場合もありますし、親に援助を頼めない場合は、とにかく早めに就活の資金を集める準備に取り掛かることが大切です。

では、実際に既卒の就活にはどのくらいの費用が掛かるのか、先輩に聞いてみましたので紹介します。

大体の金額がわかれば、見当もつきますし、目標も立てやすくなります。

既卒の先輩が初めての就活に使ったお金は25万円

既卒で内定を獲得した先輩に、実際にどのくらいのお金を使ったのか聞いてみたところ、初めての就活で約25万円ほどかかったそうです。

個人差はありますが、20万前後は覚悟した方がいいです。

では、内訳はどうなのか、さらに詳しく聞いてみました。

絶対に必要だったものや、できれば用意したいものなど、カテゴリーに分けてわかりやすく説明します。

 

絶対に必要だったもの

スーツ 5万円~

スーツの値段はピンキリですが、ワイシャツも複数枚必要ですし、ネクタイや靴下など入れると結構かかりました。

 

靴 1万円~

くつもピンキリですが、やはり2足くらいは持っていた方がいいです。

汚れやかかとのへり具合など、格好で落とされる場合もあるので油断できません。

 

カバン 5000円~

入れるものは履歴書やエントリーシートなので、そこまで大きなものは必要ありません。

黒系が無難でしょう。

 

履歴書 300円~

コチラは学校が指定していたり、市販のものを利用。

 

履歴書用の写真 1万円~

コチラも、履歴書が多くなればなるほど必要になります。

 

出来れば用意したいもの

パソコン 6万円~

既卒になると学校のパソコンというわけにもいかないので、自分専用のものを購入しておきます。

就活の時だけだからと考える人もいるかもしれませんが、いずれ使いますし、このご時世使えた方が絶対にいいです。

 

筆記試験関連の対策問題集

本屋に行けば、結構な種類のものが出ていますので、コチラも購入しておいた方がいいです。

特に、時事問題集など最新のものを購入しておくと、あとで便利です。

 

就職に関する書籍

コチラも、就活対策のため必要になります。

あるのとないのとでは、就活に大きな差が生まれます。

 

その他にもの以外の必要なもの

通信費 約2万円

就職活動をするときに、いろいろな地域の求人や、企業との連絡のやり取りで、通信費が意外とかかるのも想定外でした。

 

交通費 8万円

コチラは、かなり人それぞれなのですが、セミナーや説明会、面接など、何度も企業へ行ったり、模擬面接など就活エージェントのサービスを受けに行くなど、交通費がかなりかかります。

 

借りれるものは借りよう

このような感じで結構な金額がかかりますし、だからと言ってよい就職が出来るとも限りません。

ですから、借りられるものは借りてしまいましょう。

 

既卒の就活の資金計画を立てよう

まずはどのくらいの金額が必要かわかりましたので、どのくらいの額がいつ必要なのかなど、資金計画を立てましょう。

交通費など実際に動いてみないとわからないものもありますが、ある程度は立てておいた方がよいです。

アルバイトもほとんどできないくらい忙しくなった場合、お金が足りないなどストレスがかかると、就活に集中できなくなったりします。

そんな理由で就活が失敗しても困りますよね。

ですから、前々からアルバイトをしたり、親から借りたりして、就活に集中できる環境を作っておきましょう。

「既卒だけど就活するのがだるい」はキケン!今すぐ動くべき5つの社会的真実

既卒だけど、だるくて就活なんてできない。 その考え方はとても危険です! 確かに、最近は企業に就職しなくても、色々な稼ぎ方がありますよね。 これらを目の当たりにすると、会社に雇われて自由時間を奪われるの ...

-就職活動の豆知識

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2019 All Rights Reserved.