既卒が早急に就活に取り組むべき理由

既卒は詰み?浪人している場合の就活は2年までは大丈夫な理由

更新日:

浪人や留年をしている場合、そうした部分は就活に響いてくるのか不安ですよね。

この記事では、浪人や留年している場合の就活への影響について、企業側の声を参考にしながら答えを書いていきます。

これを読んでいただければ、どの程度浪人していたり、留年していても問題ないのかわかりますので、計画を前倒ししたり、気持ち的に余裕が出てきたりすることもあります。

ですが、この記事を読んだことで「自分の状況」がわかり、焦る人もいるかもしれませんが、目の前ががけっぷちで、これまで目隠しをされていた状態から、目隠しをとられ目の前の状況が見えたと考えれば、あとは下がって、違う道へと軌道修正をかければいいだけです。

早速詳しく説明していきます。

浪人していても2年までは大丈夫

とはいっても、ほとんどの確率で「なぜ浪人したのか?」と浪人の理由を面接で聞かれたりするので、完全に問題ないとは言えないことも把握しておいてください。

面接官にとって、留年とは「ちゃんとやることをやってこなかった人」というイメージを持たれるデメリットがあります。

じゃあ、結局大丈夫じゃないじゃない!

いえ、確かに表面的にみるとマイナスを見てしまいがちですが、だからこそ面接対策が取りやすいというメリットも忘れないでください。

要は、

留年した理由を事前に準備しておけば問題ない

ということです。

 

また、さんざん脅しておいてなんですが、朗報となる事実もあります。

浪人や留年も2年までは、気にしない企業が結構ある

ということです。

 

既卒3年以降は就活が不利になると覚えておこう

厚生労働省が、平成22年7月に下記の内容の報道発表をし、既卒の人でも3年以内は新卒枠での採用で考えてほしいと企業に要請しました。

厚生労働省においては、本日、厚生労働大臣から主要経済団体に対して青少年の雇用の機会の確保等に関する要請書を送付し、卒業後3年以内の卒業者に対する新卒枠での応募の受付について更なる取組を要請したところです。

厚生労働省:3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!

ですが、だからこそ、逆に3年以降は確実に不利な状況になります。

じゃあ、3年目以降は終わりなのかというとそうではありません。

対策はあります。

 

既卒で3年以上浪人して就活に失敗している場合の対策

「既卒で3年目は人生詰み」なんて書き込みをヤフー知恵袋などで見る場合もありますが、確かに状況としては厳しくなる一方ですが、そこまで深刻になる必要もありません。

就活に対する戦略を変えれば、対応策はあります。

 

中小企業やベンチャー企業ならチャンスはある

大手企業をはずせば多少年齢が高めでも気にしない場合もあります。

実際に中小企業やベンチャー企業に就職をした人を何人も知っています。

でも、大手じゃないと不安

は~例えばこんなこと考えていませんか?

  • せっかく大学行って、よくわからん企業に就職するのはカッコ悪い
  • 大手企業なら親も安心する

こういった人たちに共通する間違いが、

企業を選ぶ時に、周囲の評価が基準になってしまっている

ことです。

そりゃ一流企業に就職したとなれば、親にも面目が立ちますし、周りにも自慢できるかもしれません。

ですが、例えば

  • 社風に馴染めない
  • 自分の個性が活かせる職場ではない
  • そもそも興味や関心が薄い仕事だった

そんな職場だった場合、毎日いけますか?

いや、この会社だったら、自分自身がやりがいをもって生き生きと仕事出来る!

と自信を持って言えるなら、そのまま突き進んでください。

ですが、

正直、即答できない。
ちょっと辛いかも、、、

そう考えるのなら、大企業への就職はやめましょう。

このような感じで、実は大企業へ就職を希望する必要がなかったという場合が多々あります。

この機会に仕事探しの選択基準をかえ、中小企業など今まで視野に入れていなかった企業も選択肢に入れてみましょう。

優良企業も結構あるもんです。

 

気合を入れて他人がやらないような就活をしまくる

現役の学生とは状況が不利なので、同じことをしていては勝負に勝てません。

そこで、圧倒的な行動量や、人事を驚かせるような就活で、既卒3年目という状況を打破しましょう。

 

既卒は詰みじゃない!浪人の就活はプロに手伝ってもらうのが鉄板

これまでの内容を要約します。

  • 浪人していた理由など面接対策を入念に
  • 浪人していた期間が2年以内ならそこまで企業は気にしない
  • 中小企業やベンチャーなど受け入れる年齢幅が広い企業も狙ってみる

2年以内の人も、3年目以降の人も、既卒になったのであれば、それぞれの状況を考慮した面接対策などが必要になります。

ですが、親に練習に付き合ってもらうわけにもいきませんし、友人に頼んだところで所詮素人ですから、質問の内容などあてになりません。

そこで既卒で浪人しているあなたの就活で絶対に利用した方がいいのが、就活エージェントです。

既卒に特化した就活サイト・エージェントおすすめランキング

「初めての就活でどうしていいかわからない」 「自分に合った仕事がわからない」 「社会人経験なし」 「公務員を断念したが民間企業への就活がうまくいくか不安」 「面談で既卒の理由を尋ねられると何と答えてい ...

 

就活エージェントとは

就活エージェントとは、求人情報から自分自身で仕事を探し、自分自身で履歴書を書いて、面接をしてといった一連の就活を、マンツーマンでサポートしてくれるサービスです。

しかも、このサービスは無料で利用できます。

無料で利用できるの?心配だしなんでそんなことできるの?

安心してください、それにはちゃんと理由があります。

就活エージェントは、良い人材を送り、就職後も長く働く人材を提供することで、企業からの評価も高まり、お金をもらえます。

ですから、エージェントも親身になって、私たちのフォローをしてくれるのです。

就活の方法で既卒におすすめな4つの方法を徹底的に比較してみた結果

既卒の場合、様々な不安を抱えながらの就職活動となります。 そりゃそうですよね、新卒の就活合戦に敗れ、社会人経験もないのに、自信を持てという方が無理な話です。 それ以前に、何から手を付けたら良いか分から ...

 

これが、ハローワークだとこうはいきません。

企業が無料で求人を出せるからです。

既卒の就活でハロワを使って失敗した話

一般的に就活の際に仕事探しに利用するのはハロワが多いですよね? 確かに既卒の方の多くがハロワを利用するのですが、実はハロワって、企業側からすると無料で求人を出せるので、リクルートなど民間の就活支援と違 ...

 

ですから、いずれにせよ、就活エージェントを利用するのが就活を成功させるためには最短距離になります。

既卒に特化した就活サイト・エージェントおすすめランキング

「初めての就活でどうしていいかわからない」 「自分に合った仕事がわからない」 「社会人経験なし」 「公務員を断念したが民間企業への就活がうまくいくか不安」 「面談で既卒の理由を尋ねられると何と答えてい ...

-既卒が早急に就活に取り組むべき理由

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2019 All Rights Reserved.