既卒の履歴書

既卒で履歴書を通すための志望動機のポイントは3つ

投稿日:

既卒の就活で最初につまづくのが履歴書です。

その中でも、志望動機になんと書いていいかわからないという人は結構います。

いざ書こうとすると、内容がうまくまとまらなかったり、書き出しをどう書けばいいのか悩んだり、、、、

また、自分ではいいと思っても、実際にこちらの思いが伝わらなかったり、別の意味で伝わってしまったり、客観的に判断しないといけません。

では、どのように志望動機を書けば、自分の熱意が伝わり、志望する企業に好印象を与えることが出来るのでしょうか?

この記事では、企業が志望動機から何を知りたいのかなど、企業側からの視点も踏まえながら、履歴書の志望動機の書き方のポイントを3つ紹介します。

企業は志望動機で判断するのは「入社の意欲」と「仕事への意欲」

企業は既卒の履歴書の志望動機でどんなポイントを見ているのか、それは、

  • なぜこの業界を志望するのか?
  • なぜうちの会社を志望するのか?
  • 入社後にやりたい仕事は?

この3つのポイントに企業は注目しています。

その中でも、「会社を志望する理由」と「入社したあとにやりたい仕事」は面接でも聞かれるほど、見られるポイントです。

では、企業はこのポイントからどんなことを探ろうとしているのか教えます。

 

企業は会社を志望する理由で【入社の意欲】を確認します。

入社後に希望する仕事で【自社の仕事への意欲】を確認します。

 

では、この二つの意欲を確実に相手に伝える履歴書の志望動機の書き方を具体例を交えながら説明します。

 

人事に聞いた説得力がない既卒の履歴書の志望動機

説得力のない志望動機 ケース1

飲食店の接客を通じて、お客様の元気を作りたいと思っているので、飲食業界を志望しています。

接客には時には厳しい時もあると思います。

笑顔ではいられないときもあるかもしれません。

ですが、私は接客が好きなので「好きこそものの上手なれ」の気持ちで頑張ります。

私に合っているのが接客業です。

なぜこの志望動機に説得力がないかというと、答えは一つ。

志望する企業についての具体的なことが書かれていないからです。

また、「私に合っているのが接客業です」は、あまり印象が良くありません。

その業界が好きなだけでは、自分に合っているとは言えませんから。

 

説得力のない志望動機 ケース2

私は知らない土地や場所に行くのが大好きなので、アルバイトでお金を貯めて、様々な国に旅行に行きました。

海外を旅した経験から、御社で働きたいと思うようになりました。

この志望動機は、「好き」=「動機」と思ってしまっているケースです。

「好き」は志望のきっかけとなっても、志望動機にはなりませんので注意が必要です。

 

説得力のない志望動機 ケース3

私は、常に新聞やテレビのニュースなどで世の中の動きをチェックしていて、様々な情報を世の中の人に届け、世間に影響を与える仕事がしたいからです。

このケースの場合は、世の中に影響を与えたいということに視点が行ってしまって、どの業界で影響を与えたいのかが書かれていません。

世の中に影響を与える職種はいくらでもありますから、例えば新聞社で働きたいなどの志望動機としては、「うちでやらなくてもいいんじゃない?」と思われる可能性大です。

また、自分はその業界でどんなことが出来るのかなども書かれていると良いです。

 

 

人事に聞いた説得力がある既卒の履歴書の志望動機

説得力のある志望動機 ケース1

貴社を志望したきっかけは、学内合同企業説明会でお話を伺ったことです。

「命を救える仕事は医者以外にも多くある」という言葉に心動かされました。

その後、記者について企業研究で知り、風通しの良い社風や、医療機器メーカーとしての将来性、「医療従事者、患者様に喜んでいただく」という企業理念に惹かれ、志望させていただきました。

私の大切にしている言葉で「相手の喜びが、自分の喜び」という言葉があります。

このような信念をもって、御社に貢献していきたいです。

上記では、例えば、企業研究を通じて共感した点などから、

「入りたい企業を決めるきっかけ」

「志望するまでの一連の時系列がわかりやすく説明できている」

などの点から説得力があります。

 

説得力のある志望動機 ケース2

私は旅行が大好きで、アメリカやヨーロッパなど海外旅行も何度か経験しました。

仕事内容を詳しく調べ、企業説明会ではOBの〇〇様にトラブルなどで寝られない日も多いと聞きました。

それでも、お客様一人一人に何が出来るのかを常に考え、寄り添って快適な旅を提供することは、やりがいがあると思います。

入社出来ましたら、自分の旅行経験を活かして、お客様が旅の途中や旅行先で困ることがないよう尽力したいです。

コチラに関しては、業界や仕事に興味を持って熱心に調べた様子や、どんなことにやりがいを感じられると思うのかなど具体的に伝わってきます。

また、自分自身がその会社でどんなことが出来るのか、どんなことをしたいのかなどもしっかり盛り込まれ、説得力のある志望動機が書けています。

 

 

志望動機の説得力を高めるには【まとめ】

志望動機の説得力を高めるポイントは2つです。

  • 会社説明会やインターン、OB、OG訪問に積極的に参加
  • 業界や企業研究をしっかりやる

これらをしっかりと行っておけば、志望動機を書くことに困ることはなくなります。

逆に、自分の目指す業界や企業のことをある程度知らなければ、説得力のある志望動機は書けないということです。

熱心に就活すれば、必ず良い志望動機が書けるはずですので、頑張っていきましょう。

 

どうしても書けないときは書類審査なしの「就職Shop」を利用しよう

それでも志望動機が書けない、一人ではやはり不安、というあなたには、「就職Shop」の利用を勧めます。

なぜなら、書類審査がないからです。

既卒で就職するなら「就職Shop」がオススメ!特徴や口コミ体験談

就職鵜するにあたり、インターネット上で就職サイトや就職エージェントを探している人は多いと思います。 その中でも「就職Shop」は、就職エージェントとして、就職をする際にエージェントと二人三脚で行ってい ...

続きを見る

登録したあと、キャリアコーディネーターが、あなたのこれまでの経験や、志望する仕事、今の就活の状況などをヒヤリングし、個性や可能性を活かせる企業との面接をセッティングしてくれます。

面接に不安がある方でも大丈夫。

模擬面接で、志望動機や自己アピールなど徹底的に訓練してくれますので、自信につながりますし、4人に3人は正社員未経験です。

リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

 

既卒に特化した就活サイト・エージェントおすすめランキング

「初めての就活でどうしていいかわからない」 「自分に合った仕事がわからない」 「社会人経験なし」 「公務員を断念したが民間企業への就活がうまくいくか不安」 「面談で既卒の理由を尋ねられると何と答えてい ...

続きを見る

-既卒の履歴書

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.