ブラック企業

【ブラック企業の体験談】告発する前にあなたがとるべきベストな対処法は?転職先がなくなる失敗を犯す前に必ず知っておくこと

投稿日:

元営業部長 佐藤さん
あなたが今の会社で、今の状況が変わることを心のどこかで信じて、必死に歯を食いしばっているかもしれませんが、元営業部長の立場からすれば、「ブラックな会社は最後までブラックです。会社の体質が大きく変化することはほとんどありません。また、だからといって訴えたりするのもちょっと待ったほうがいい。今後の職探しが不利になる場合もあるから。」と言いたい。

ですが、あなたがそのとばっちりを受けて人生の数年間を棒に振る必要はないのです。

確かに「石の上にも3年」という言葉がありますが、石によっては、冷たいままで何の変化もない石もあるし、石の選択を間違うん場合だってあります。

そんな言葉に縛られ、動かざるを得なくなる状況まで追い込まれてから動くのでは、冷静な判断もできず、また同じことを繰り返しかねません。

元営業部長の私から、そうならないためにもどのような考え、行動が必要なのかしっかり教えます。

 

ブラック企業で自動車メンテナンスをしていた私が転職を決意した体験談

ブラック企業で自動車メンテナンスをしていた私が転職を決意した体験談

性別:男子
年齢:23歳
辛い経験をした当時のあなたの仕事内容:
自動車メンテナンス他

私は、23歳で、自動車総合メンテナンス関係で働いていました。

とにかく自動車関係なら全て網羅できるくらいの仕事内容であり、お客様からみたら、車の購入から保険、車検、メンテナンス、アクセサリーパーツの販売、鈑金塗装、ロードサービス、廃車手続きなどなど、揺り籠から墓場まで状態なので好評でしたが、働いてるスタッフの人数が極端に少ない上に、内容の多さで多忙を極めていました。

日中は販売、軽メンテナンス作業に追われ、朝8時過ぎに出勤して21時までに閉店し、既に12時間労働、そしてこれから第2部が始まります。

日中できない車検や重整備をやらなくてはならないのです。

ボディーリペアも遅れ気味であればサポートへ入り、深夜0時を過ぎる事も多々あり、時には翌朝を迎え、そのまま日中勤務になる事もありました。

ロードサービスも当然ながら24時間サービスなので、深夜の業務も交代制で行なっていました。さすがにこの業務は歩合手当がつきましたが、精神的に苦痛極まりない。

夜中もいつ呼び出されるか気になり真面に睡眠出来ませんし、好きなお酒も飲めません。

この状態で朝まで何も無ければ、お金にならないだけではなく、精神的苦痛がプラスされるだけの状態です。

当然自分の成長に繋がる事もあるのですが、心身ともに疲労しつくしました。

 

 

ブラック企業を訴えても次の転職でマイナスに働くだけ

ブラック企業を訴えても次の転職でマイナスに働くだけ

元営業部長 佐藤さん
こりゃひどい。

車を直して体を壊す、それ以前に心が壊れてしまいますよね。

元営業部長としてはあなたの会社を明白にブラック判定します。

そうまでして献身的に働くあなたに上司は食事をご馳走してくれないのですか?残業代予算を取りに行ってくれないのですか?

でも歩合手当だけで解決するレベルではなさそうで、厚労省へたれ込んだら行政指導モノでしょうし、マスコミに知れたら店じまいに追い込まれることでしょう。

それをお勧めしてるのかって?

いえいえそうじゃないです。

仮に前の会社を訴えたとしたら、次の会社が採用するときは、そういうところで働いていた人を敬遠するからです。

だっていつ自分の会社があなたによって騒ぎを起こされるかが心配だからです。

つまり会社は断ち切れてもあなたはその余波を引きずっていかざるを得ないということは頭の片隅においてくださいね。

 

 

囚人のジレンマと職場

囚人のジレンマという話を知ってますか?

犯行の疑いを持たれている二人の囚人がいて、本当のことを話せばお前は助けてやると言われると最終的には二人とも本当のことを話し出すというものです。

仮に自分が犯人だったとしても犯人であると本当のことを話せば助けてくれるのでしょう?

だからある会社がリコールすれば他の会社はいかに自分の会社が綺麗かを証明するような発表をしますし、小さな問題であったとしても潔くそれを自ら公表します。

元営業部長 佐藤さん
つまりあなたの会社の同業者は綺麗になろうという動きを一斉に取り始めるのです。そんなところに会社を告発するかもしれない危険分子は雇いませんよ。

 

ブラック企業の見分け方は転職のプロじゃないとわからない

ブラック企業の見分け方は転職のプロじゃないとわからない

元営業部長 佐藤さん
じゃあどうするか?

一も二もなく撤退です、しかも問題が表面化する前に。

そんなブラックな会社なんて長くは持ちません。

会社と一緒にあなたまで心中する必要はないのです。

同業者なので他の会社のエンジニアの顔色を見ればわかると思うかもしれませんがそれは眉唾ものです。

なぜならば今あなたはそれほどまで過酷な生活をしているなどとお客様には見えていないからです。

隣の芝は青い。

側から見るとよそがよく見えるという意味もありますが、会社に関して言えば外からはわからないという意味に捉えるべきでしょう。

転職エージェントならばいろいろな条件を知っています。

お金で解決するのもよし家族的な職場を求めるのもよし、きっと力強い相談相手になってくれます。

元営業部長 佐藤さん
自分で転職先を探した場合、ブラック企業かどうかを見分けるのはまず難しいですよ。

内情を知っているプロに任せるべきです。

 

 

転職サイトや転職エージェントを利用するメリット

就職活動のプロであるエージェントに相談すれば案件など非公開のものも多く、自分だけでは見つけられなかった、自分の希望条件にある仕事を紹介してもらえるかもしれません。

また、転職サイトに登録しておけば、今は転職する気がなくても、あなたにとって良い条件の仕事が見つかると自動的にメールでお知らせすることもできます。

 

転職エージェントであれば、事前に職場環境など相談できますし、エージェントも事前に現場を見たうえで案件を持ってくるので、同じようなことには基本的にはなりません。

また、未経験での転職や短期離職などのネックがあった場合でも、プロのエージェントはそういった方の就職成功ノウハウを豊富にそろえているため、内定が取れるなどフォロー方法など用意しています。

 

会社の社風・残業時間など内部情報の調査から、履歴書・職務経歴書作のフォロー体制など、とにかくハローワークなどでいつまでも一人で悩むくらいならプロの手を利用をしない手はないです。

しかも、就職までの利用料金はすべて無料です。

 

転職エージェントといえば、大手でいうと

 

  • リクルート
  • マイナビ
  • DODA

 

の三社が有名でそれぞれ得手不得手など特徴があります。

その中でも、総合的に評価の高いのが、リクナビNEXTなどを運営するリクルートキャリアが運営する【就職shop】【リクルートエージェント】です。

ですが、その中でもそれぞれ一長一短あります。

基本的に転職エージェントを利用する方は、3社くらい登録して、ベストな転職先を選んでいくという方法が一般的です。

ですから、この2社に登録して転職を進めるのが安定しますし、より条件のいい仕事が見つかるはずです。

 

【就職shop】を利用するメリット

  • 書類選考なしなので履歴書で落とされることがない
  • 100%取材した企業なのでブラック企業は無い
  • 営業だけでなく事務、企画、技術など種類豊富な非公開求人

 

 

【リクルートエージェント】を利用するメリット

  • 転職成功実績が業界ナンバー1
  • 業界トップクラスの求人数で9割が表に出てない良案件
  • 土日や平日20時~でも面談可能なため仕事をしながら転職活動をひっそり始められやすい

 

転職にかかる期間ですが、長い方で2~3か月かかったという方もいますので、基本的には、今の会社に進めながら、転職エージェントに登録し、ベストな条件にあう仕事を丸投げで探してもらう方法をとるかたがほとんどです。

また無料登録すると絶対に仕事をしなければならないというものではありませんしね。

 

公式サイト:就職Shop

公式サイト:リクルートエージェント

 

 

また、転職エージェントにお願いするまでではないという方は、転職サイトであれば無料会員登録して、情報を登録しておくだけで、良い案件が見つかったときはお知らせしてくれたり、リクナビNEXTに登録されている85%は表に出ていない未公開案件なので、良い求人情報を見ることもできます。

転職サイトに関しては、断トツで【リクナビNEXT】がおすすめです。

 

転職者の8割がここを利用していたり、人気の企業からスカウトメールが来るなど会員限定の機能で、転職を最大限に効率化することが出来ます、

転職サイトは【リクナビNEXT】さえ押さえておけば問題ありません。

公式サイト: リクナビNEXT

 

いずれにせよ、一人で悩んで一人で転職活動をするのは、成功率も低く効率も非常に悪いので、プロのエージェントにど~んと丸投げしてしまいましょう。

-ブラック企業

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2019 All Rights Reserved.