30代

ブラック企業で結婚したら同僚がすべて敵になったら転職したほうが人生損しない

投稿日:

34歳、女性でAと申します。

これは、私がパソコンによる顧客データ入力作業の仕事をしていた時の話で、ブラック企業化しはじめたことで結婚を機に同僚がすべて的になり、ねちねちとした嫌がらせに心身ともにボロボロになる前に転職という手段をとり救われた体験談です。

私と同じ苦しみを感じているあなが、少しでも今より苦しまなくなりことを願って書いておきます。

 

結婚したけど友人の祝福を受け明るい未来が見えていた職場

ブラック企業で結婚

私は、家電修理工場での、PCを使ってのデータ入力作業の仕事を、結婚後も子どもができるまでは続けようと思っていました。

その時は、職場環境もブラック企業という感じでもなく、可もなく不可もなくといった職場環境でした。

結婚当時は、同じチームの方々から結婚祝いにと、上司や同期の社員のみならず現場のパートさんも参加してくれての宴を開いてくれたりしました。

このまま何も変わらず、むしろプライベートの環境が変わっても優しく受け入れてくれた仲間たちのためにも、より一層頑張ろうと思っていました。

しかし、会社が不景気のあおりを受けたことでその状況が一気に悪い方向へと変わっていきました。

 

業績悪化でギスギス。結婚を理由に「仕事辞めれば」と同僚に追い詰められた

同僚に結婚したし仕事辞めればと暗に言われる

しかし会社の事業縮小による人員削減により、ギリギリの人数で回さねばならないようになってしまいました。

当時は、同僚たちと同じく私も、「え~大変だなコレ、まあでもやるしかないか」という感じで、半ばあきらめモードというか、そこまで危機意識を持っていませんでした。

 

ですが、本来必要な人数が足りなければ、その分だれかがそれを負担しなければなりません。

一人で、二人分働かなければならないわけですから、劇的に職場環境が悪化していきました。

 

そして、そのストレスからか、社員やパートの間にも次第に、「いつ自分が不本意な異動・労働時間削減を言い渡されるかわからない」といった不穏な空気が流れはじめました。

自分が上から目を付けられないために、特に社員同士が、お互いに相手の失敗をみつけては上にこっそり報告したり、足の引っ張り合いをするべく見張りあうようになりました。

私も、「結婚したのにフルで働いていて、旦那さんさびしがってない?私なら家庭に入るためにすぐ辞めるわ」などと同じ女性の同僚に言われ、暗に「自分から辞めたら?」といった感じで、毎日のように嫌味を言われるようになりました。

 

それでも、最初のほうは結婚したばかりで気持ち的にも高まっていたので、「なんで結婚を理由にそこまで言われなきゃならないわけ?」と心の中で意地をはって、とにかく仕事に打ち込むしかないと、頑張っていました。

 

ですが、ブラック企業でしかも結婚したことで同僚がみな敵に思えるような環境は、想像以上に精神的に堪えました。

結局、かつての仲間からネチネチ言われるストレスから体調を崩し、心身の状態を落ち着けて転職活動するためにも、現在は退職しました。

 

ストレスが溜まって人生台無しにするブラック企業なんてすぐ転職してよし

sutoresu-tensyoku

今だから言えることですが、私が当時の自分に言えることが一つあります。

それは、「そんな環境ならそこまで頑張って自分を犠牲にする必要ない。さっさと転職しちゃえ」です。

 

日本には、「石の上にも3年」などといった、つらくても一つの職場で頑張るという文化があります。

確かに大切なことなのですが、自分の心身を削ってこの先何十年も苦労し続けることを考えれば、「さっさと自分自身が長く続けられる仕事を見つける」ことのほうが、よっぽど人生にとってプラスです。

逆に、あの場所にずっとい続けたら、いろいろなものを失って、もう後戻りできない状態にまでなっていたはずです。

ですから、結婚と仕事の両立なんて無理なんていう、時代遅れのというかブラック企業はさっさとやめてしまいましょう。

 

転職するならエージェントを使い倒そう

転職を進めるうえで、絶対に登録しておいたほうがいいとあなたに勧めるのが、転職エージェントです。

転職というと、自分でハローワークにいって仕事を探して、履歴書を書いて、応募して、面談してとハードです。

また、転職って1か月以上とか結構時間がかかるケースも多く、現在の仕事を離職する数か月前から動き出すのが一般的です。

 

 

転職エージェントを利用するメリット

就職活動のプロであるエージェントに相談すれば案件など非公開のものも多く、自分だけでは見つけられなかった、自分の希望条件にある仕事を紹介してもらえるかもしれません。

基本的には、営業や事務など配属先を希望すれば、その案件での紹介になるので、就職したら配属先に納得がいかなかったということはまずないです。

また、未経験での転職や短期離職などのネックがあっても、プロのエージェントはそういった方の就職成功ノウハウを豊富にそろえているため、内定が取れるなどフォロー方法など用意しています。

会社の社風・残業時間など内部情報の調査から、履歴書・職務経歴書作のフォロー体制など、とにかくハローワークなどでいつまでも一人で悩むくらいならプロの手を利用をしない手はないです。

しかも、就職までの利用料金はすべて無料です。

 

転職エージェントといえば、大手でいうと

 

  • リクルート
  • マイナビ
  • DODA

 

の三社が有名でそれぞれ得手不得手など特徴があります。

その中でも、総合的に評価の高いのが、リクナビNEXTなどを運営するリクルートキャリアが運営する【就職shop】【リクルートエージェント】です。

ですが、その中でもそれぞれ一長一短あります。

基本的に転職エージェントを利用する方は、3社くらい登録して、ベストな転職先を選んでいくという方法が一般的です。

ですから、この2社に登録して転職を進めるのが安定しますし、より条件のいい仕事が見つかるはずです。

 

 

【就職shop】を利用するメリット

  • 書類選考なしなので履歴書で落とされることがない
  • 100%取材した企業なのでブラック企業は無い
  • 営業だけでなく事務、企画、技術など種類豊富な非公開求人

 

 

【リクルートエージェント】を利用するメリット

  • 転職成功実績が業界ナンバー1
  • 業界トップクラスの求人数で9割が表に出てない良案件
  • 土日や平日20時~でも面談可能なため仕事をしながら転職活動をひっそり始められやすい

 

転職にかかる期間ですが、長い方で2~3か月かかったという方もいますので、基本的には、今の会社に進めながら、転職エージェントに登録し、ベストな条件にあう仕事を丸投げで探してもらう方法をとるかたがほとんどです。

また無料登録すると絶対に仕事をしなければならないというものではありませんしね。

 

公式サイト:就職Shop

公式サイト:リクルートエージェント

 

いずれにせよ、一人で悩んで一人で転職活動をするのは、成功率も低く効率も非常に悪いので、プロのエージェントにど~んと丸投げしてしまいましょう。

-30代

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2019 All Rights Reserved.