既卒だと人生終わりなの?

20代で職歴なしの既卒は雇ってもらえるのか詳しく答えてみた。

投稿日:

現在の就職事情において、20代で職歴なしの既卒が就職しようとすることは簡単ではありません。

 

それは日本の企業に蔓延する新卒主義が理由ですが、だからといって「既卒は人生終わり」悲観的になる必要はありませんよ。

 

絶対に就職できないということはなくポイントを押さえれば十分に正社員として働くことも可能なのです。

 

この記事ではなぜこういった経歴を持つ人が就職しにくいのかということと、就職するためにはどうすれば良いのかということを簡潔に説明します。

 

あなたが正社員で働くための第一歩になるはずです。

20代で職歴なしの既卒が雇ってもらえる可能性について

職歴なしで既卒ということはデメリットでしかありません。

 

それは、企業側が卒業してから現在までの時間を無駄にしてきたと判断するからです。

 

しかし、こういったデメリットを抱えていても企業に雇ってもらうことはできます。

 

まず、正社員としての就職にこだわらなければアルバイトや派遣社員で働くことは難しくありません。

 

こういった就業形態では職歴が重視されていないため働き手として現状の能力が劣っていない限り就職できるのです。

 

また、当初は非正規であっても正社員で働きたい場合は20代という年齢が武器になります。

 

20代であればまだ成長の余地があると判断してくれるため既卒でも社員採用面接に臨むことが可能です。

 

面接では在学中に内定をもらえなかったときのことを思い出して受け答えにおけるミスを無くせるように復習しておきます。

 

さらに、職歴なしということが大きなデメリットだと判断されないように学校を卒業してから現在まで何をしていたのかを説明できるようにしておきましょう。

 

 

20代で職歴なしの既卒が正社員で雇ってもらうためには?

正社員としての就職にこだわる場合は、面接時において職歴なしの既卒というデメリットを覆すだけの人材であることを証明することが必要になります。

 

20代という年齢はメリットになりますが、新卒時に内定をもらえなかった時点で同年齢の社会人からは遅れをとっています。

 

まずはそのことを認めて、それでも自分が仕事で役立つということをアピールしましょう。

 

自分が優れた人材であるということを分かりやすくアピールするために使えるのが資格です。

 

特に数ヶ月の勉強で合格できるものではなく、1年単位で勉強しなければ取得することが出来ない難関資格を保有していると、学校を卒業してからの空白期間を説明できるだけでなく難関資格に合格できる頭の良さや勤勉さ、根気を持っているとアピールできるため、面接において非常に優位になります。

 

TOEICで高得点を取ったり司法書士や社会保険労務士、中小企業診断士といった資格を取得できるように勉強しておくことが正社員で雇ってもらう近道です。

 

 

職歴なし資格なしの既卒が就職を成功させる方法

上記では仕事で役立つ人間ということをアピールするための方法の一つとして「資格」という例を挙げましたが、ほとんどの方が

 

そんな資格持ってるなら初めから困らない

資格を取るにしても多額のお金が必要だから無理

というパターンだと思います。

 

そこで、職歴なし、資格なしの既卒生が早期に就職を勝ち取るためにおすすめする方法が、「ウズキャリ既卒」などといった既卒に特化した就職支援サイトを活用する方法です。

 

 

既卒に特化する就活支援サイトを利用するメリットはこちら。

メリット

  • 既卒の就活に特化したエージェントが履歴書や面接などあなたの就活を支援してくれる
  • 既卒でも正社員で雇ってくれる企業の非公開求人を紹介してくれる
  • 求人を載せるためには有料&チェックが入るためブラック企業がない
  • 登録から就職まですべて無料で支援してくれる

 

資格や、アピールできる武器がない、自信がないという人は、ぜひ既卒に特化した就活支援サイトを利用してみてください。

今までと違ったやり方をすると、案外スルッと内定を得られる場合もありますよ。

-既卒だと人生終わりなの?

Copyright© 既卒の就活サイトおすすめ最前線 KISOTU , 2019 All Rights Reserved.